スポルティバクライミングシューズおすすめ5選|外岩、ジム、コンペ用を厳選紹介

クライミング
スポンサーリンク

スポルティバのクライミングシューズを紹介します。

この記事は

○外岩用のシューズを探していた

○ダウントゥの安めのシューズを探してる

上記に当てはまる人におすすめとなっています。

スポンサーリンク

スポルティバの特徴

やはりしっかりとした登山のメーカーとして有名な事でしょう。クライミングはもちろん、登山やトレイルランニングのシューズを作っているメーカーです。

クライミングシューズの特徴としてはダウントゥ形状を長くキープしてくれるP3システムを使っているシューズが多く、長い年月履いていてもダウントゥ形状をしっかりとキープしてくれさまざまなクライマーに愛されています。

それではスポルティバのクライミングシューズを厳選紹介!

パイソン(Python)

パイソンの特徴はやはり値段が安い事でしょう。ダウントゥ形状のシューズだと大体¥20,000はしますがパイソンは¥20,000以下で手に入るので初めてダウントゥ形状のシューズを買う人にはおすすめと言えるでしょう。初心者から上級者まで幅広く使えてジムで履くにはおすすめのモデルです。

コブラ(COBRA)

コブラの特徴はベルクロがないスリッポンタイプな事でしょう。ベルクロがないのでサイズ選びが少しシビアですが、シューズをすぐに履けるメリットは大きいです。

スクワマ(SKWAMA)

スクワマの特徴はソールに三角スリットが入っているおかげで踏みでの掻き込みがしやすい事でしょう。そしてサイド部分のエッジがノーエッジになっているのも特徴でハリボテや人工壁を登るときに本領を発揮してくれるでしょう。以前のカラーは黄色と黒のツートンでしたが新しく赤黒のツートンカラーが発売されました。以前のカラーもカッコ良かったのですが、赤黒もかっこいいですね。

ソリューション コンプ(SOLUTION COMP)

ソリューションコンプの特徴はコンペ専用モデルな事。ヒールカップは以前のソリューションに比べ細身になりトゥ側のラバーの範囲も広いのでまさにコンペに特化したモデルですね。

ミウラ

ミウラの特徴は岩場に向いている事でしょう。レースなので自分でシューズの締め具合を調整でき、ソールも硬めになっているので花崗岩などの岩場に本領を発揮します。

まとめ

いかがでしたか?

クライミングシューズはジム用や外岩用などさまざまな種類がありますが、あなたに合うシューズがあれば購入してはいかがでしょうか。

その他の記事はこちら

Tokyo powder(東京粉末)SUPER.B(スーパーブラック)レビュー

ボルダリング におすすめ液体チョーク4選|外岩のカチやスローパーにも使えるチョークを厳選紹介

VINGA X(ヴィンガX)使ってみた!どんなシューズでもソールを削る事なくフリクションを回復出来るソールクリーナーをレビュー