クライミングシューズUNPARALLEL(アンパラレル) フラッグシップウーマン登場

クライミング
スポンサーリンク

アンパラレルから発売されているクライミングシューズ「フラッグシップ」から女性用のウーマンモデルが登場しましたね。

 

 

早速どのような所が変更されているのかみていきましょう。

 

フラッグシップのレビューはこちら

スポンサーリンク

アンパラレルフラッグシップウーマンの特徴

今までのUNPARALLELシューズ開発で培ってきたノウハウを詰め込んだ、新たなハイエンド・オールラウンドシューズ。

スポーツクライミング競技だけでなくボルダーや高難度ルートにまで対応できるように作られたシューズです。

2ピースのアウトソール

前側は「RS3.5mm」と剛性の高いミッドソールを採用しているので、エッジング、スメアリングともに高レベルのコントロール性能を誇ります。

 

後ろ側は「RH4.2mm」と剛性の高いミッドソールを採用しているので様々な形状のヒールフックに対応しています。

特徴だけみてもワクワクするクライミングシューズですね。

 

従来のフラッグシップはかかとが太めになっていましたが、LVはウーマンモデルとなり細い人用なのが特徴。

女性モデルですが、男性でもかかとの細い人には嬉しいですね。

フラッグシップとの変更点

アッパーはシンセティックレザーのノンライニング。

アウトソール前「RS3.5mm」後「RH4.2mm」は変更されずにそのままですが、他にどのような所が変更されているのか見ていきましょう。

カラーリングが変更

従来のフラッグシップは赤色でしたが、ウーマンモデルは水色になっています。

 

トウラバーが変更

従来のフラッグシップのトウラバーはVDラバーでしたが、ウーマンモデルはVCラバーになっています。

プルタブの色が変更

フラッグシップのプルタブは白と黒の2色でしたが、ウーマンモデルは赤紫と黒の2色が使用されています。

個人的に好きな色合いです。

かかと部分が変更

女性用として登場したので、かかとが細くなっています。

まとめ

いかがでしたか?

フラッグシップのヒールは少し太めになっていただけに、かかとの細いウーマンモデルが出たのは嬉しいですね。

そんなクライミングシューズですが、各メーカーからさまざまな種類が発売されていますが、フラッグシップウーマンが気になるのなら購入してみてはいかがでしょうか。

その他のクライミングシューズのレビューはこちら