スカルパ【インスティンクトVS】履いてみた|外岩で使えるかレビュー

クライミング
スポンサーリンク

スカルパ(SCARPA)から発売されているクライミングシューズ【インスティンクトVS】履いてみた。ブースティックとの比較もしてみました。

この記事は

○外岩で履くシューズを探している
○ソールが硬いシューズを探していた
○ヒールカップが硬いシューズが欲しかった
上記に当てはまる人におすすめです。
実際に外岩で使用してみた所、花崗岩を登るのなら履いた方が良いです。
スポンサーリンク

スカルパ(SCARPA)インスティンクトVSの特徴

クライミングシューズ スカルパ インスティンクト

やはりソールが硬い事でしょう。私は花崗岩の岩場によく行くのですが柔らかいシューズだと岩の結晶に乗り込むとどうしてもソールが負けてしまいます。ソールの硬いシューズは好き嫌いが分かれますが、花崗岩を登るのなら硬いソールの方がゴム負けせずに安心して登れるのでおすすめと言えるでしょう。

購入した理由

以前はスカルパの「ブースティック」を履いていて、インサイドエッジは凄く良かったのですが、ターンインの形状が強くて履くのに少し苦労していました。そしていよいよソールがダメになり次は履き心地が良いシューズにしようと思い、色々探して「インスティンクトVS」か「インスティンクトVSR」のどちらにするか少し悩み、「インスティンクトVSR」より「インスティンクトVS」の方がソールが硬く花崗岩には向いていると思い「インスティンクトVS」を購入する事に決めました。結果的に購入して正解でした。

 

外観

見た目はこんな感じでベルクロが1本タイプのダウントウシューズでオレンジと黒のツートンカラーが目立ちますね。

スカルパ インスティンクトVS

ソールにはビブラム【XS EDGE】という硬めのゴムが使われています。

ヒールカップはスポルティバの「ソリューション」や「スクワマ」のような特殊な形状にはなっていないので誰でもヒールフックが出来そうですね。

外側のスリングショット部分にはしっかりとスカルパの文字が入っています。

内側

トウ部分

 

それではスカルパインスティンクトVSをレビューしていきます。

クライミングジムと外岩で履いたレビュー

まず慣らすために少しジムで履きました。

足入れはどのシューズよりも良い印象で全然痛くなく、足全体にフィットしているような感じでとても履きやすくいい感じ、外のソールは硬いのに中は柔らかい感じで、ソールは硬いのに履き心地の良いシューズは初めてで正直感動しました。この履き心地でこの値段は正直びっくりですよ。

ヒールをした感じはヒールカップが潰れずにそのままの形でしっかりとかかってくれます。逆にヒールカップを潰してかけるヒールが好きな人には向いていないと思いますが、ヒールを効かすとどうしてもゴムが逃げたりしてヒールが外れていた人にはおすすめな印象。

トウフックはあまり使わないので分かりません。

ジムの大きめなホールドを踏み込む感じはやはりソールが硬いのでしっかりと足を意識しとかないと滑ってしまうので、ジムで履くのなら足の練習になっていい感じかもしれませんね。逆に面ではのりにくいですが、粒みたいに小さいホールドにのるには最高なシューズでした。特に癖が強い訳ではないので誰にでも履きこなせるシューズと言えるでしょう。

慣らしが終わったので花崗岩で試しに履いた所めちゃくちゃ良く、しっかりと粒にのれたので花崗岩を登るのなら是非おすすめしたいシューズでした。ジムで登るときには「インスティンクトVSR」も履いてみたいですね。

履き心地も良いシューズなので外岩デビューに履くのなら「インスティンクトVS」がおすすめ。もちろん初心者だけではなく中級者、上級者にもおすすめ出来るシューズでした。

履いたときのサイズ感

普段履きの靴のサイズが25.5センチで「インスティンクトVS」のサイズはEU40を履いています。EU40でクライミング用の靴下を履いてちょうどぐらいなので素足で履く人はハーフサイズ下げてもいいぐらいですね。

スカルパ|ブースティックとの比較

スカルパ ブースティック クライミングシューズ

ソールの硬さは「VS」と一緒のビブラム【XS EDGE】ですが、「ブースティック」はソールの形状がターンインしているのでインサイドでのりやすい事でしょう。インサイドに特化しているのでアウトサイドではどうしても乗りにくくなります。そしてシューズの癖が強いので好みがハッキリ分かれてしまいます。逆に「VS」は癖がない分、誰でも履きこなし出来るシューズです。

ヒールカップは「ブースティック」の方が柔らかいのですが、柔らかいのはヒールの側面だけなので斜めにヒールを効かすとゴムがズレる感じですっぽ抜けやすくなっています。「VS」の側面はブースティックに比べると少し硬いので、しっかりとヒールを効かす事が出来ます。トウフックは個人的に「ブースティック」はあまり掛かからないので使えないと思った方が気持ち的に楽になります。「VS」の方がまだマシですが、私はトウフック自体あまり使わないので正直わかりません。

足入れは「インスティンクトVS」の方が断然良く長い時間でも履いてられました。

どちらも良いシューズですが癖のあるシューズが好きな人は「ブースティック」。癖のない誰にでも合いそうなのは「インスティンクトVS」の印象でした。

まとめ

いかがでしたか?

クライミングシューズはさまざまな種類がありますが、花崗岩を登るのなら硬いソールの方が岩の結晶に負けないのでがおすすめです。その中でもインスティンクトVSは足入れが良いシューズだったので気になったら購入してはいかがでしょうか。

その他の記事はこちら