UNPARALLEL(アンパラレル)から新モデル「フラッグシップ」が登場

クライミング
スポンサーリンク

クライミングシューズメーカーUNPARALLEL(アンパラレル)から新モデルのフラグシップが登場しましたね。なんとこの「フラッグシップ」東京オリンピックでも使用予定だそうです。

どんな特徴があるのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

アンパラレル|フラッグシップの特徴

今までのUNPARALLELシューズ開発で培ってきたノウハウを詰め込んだ、新たなハイエンド・オールラウンドシューズ。スポーツクライミング競技だけでなくボルダーや高難度ルートにまで対応できるように作られたシューズです。

三種のラバー構成

フラッグシップはトウ、シューズ裏、ヒールでそれぞれ異なるラバーが使用されています。トウ部分には「VDラバー」、シューズ裏は「RSラバー」、ヒールは「RHラバー」と使いわけされているのが最大の特徴と言えるでしょう。

2ピースのアウトソール

前側は「RS3.5mm」と剛性の高いミッドソールを採用しているので、エッジング、スメアリングともに高レベルのコントロール性能を誇ります。

 

後ろ側は「RH4.2mm」と剛性の高いミッドソールを採用しているので様々な形状のヒールフックに対応しています。

まとめ

技術の進歩により良いクライミングシューズがどんどん登場してきますね。この「フラッグシップ」はハイエンドモデルになるので値段は安くないですが、気になったなら履いてみる価値はありそうですね。個人的には三種のラバーがどんな感じなのか気になるところです。

クライミングの記事はこちら

ヘッドランプおすすめ4選|ナイトボルダーに最適なライトを厳選紹介

クライミングのカチトレーニングはこれに決まり|超極薄カチプレートを紹介

オススメクライミングシューズ12選/外岩、ジム用のクライミングシューズを厳選紹介!レビュー付き