クライミングシューズLa Sportiva(スポルティバ)【スクワマ】レビュー

クライミング
スポンサーリンク

La Sportiva(スポルティバ)から発売された【スクワマ】の新色を履いてみた。adidas5.10 ALEON(アレオン)との比較やSCARPAのインスティンクトVSRとの比較もしてみました。

 

La Sportiva(スポルティバ)の【スクワマ】は以前から発売されておりましたが、今回は新色が登場し、一目惚れしてしまい思わず購入してしまったのでレビューしていきます。

 

結論を先に言うとめちゃくちゃよかったです。

 

スクワマの特徴

○【三角スリット】のおかげでつま先の自由度が高く、ホールドをキャッチしやすい
○【Sヒール】のテクノロジーが採用されており、ヒールフック時の横方向の逃げを抑えてくれる
○アッパーには【ハイフリクションラバー】が採用されており、トウフックをサポート
○【P3】システムによりダウントウ形状を長くキープ
スポンサーリンク

La Sportiva SKWAMA(スポルティバ スクワマ)新色の外観

見た目はこんな感じ

 

 

【アウトサイド】

 

【インサイド】

少し分かりにくいですが、つま先部分のソールはエッジがありますが、サイド部分はノーエッジになっています。

 

【トウ部分】

 

【ヒール部分】

ヒール部分はソリューションと似てますね。

 

【裏面】

スクワマのサイズ感

サイズはEU38を靴下を履いて少しキツイぐらいです。

素足で履けばちょうど良いのですが、足の甲が縫い目にあたり少し痛いので私は靴下履きをしています。

 

参加までに私の普段履いているサイズです。

〇 UNPARALLEL REGULUS(アンパラレル レグルス) US8

〇 UNPARALLEL VEGA(アンパラレル ベガ) US8

〇 SCARPA BOOSTIC(スカルパ ブースティック) EU40.5 

〇 La Sportiva Python(スポルティバパイソン) EU36.5 

〇 La Sportiva OTAKI(スポルティバ オタキ) EU37 

 

スポルティバ【スクワマ】レビュー

昔からスクワマが欲しいと思っていてなかなか手が出せませんでした。

 

今回新色が登場して、思い切って購入して思ったのが、もっと早く買っておいたら良かったと後悔するぐらいに良いシューズで、

 

踏みでのかきこみでも、足が信用出来なくて、すっぽ抜けるような感じはなく、しっかりと食いついている感覚がわかるので、安心してのりこめました。踏みでの足を書き込んで引っかける感じも三角スリットのおかげなのか、しっかりと引っかかってくれ、個人的にはアレオンよりもしっかりと引っかかりました。ギリギリ足が残りそうなのに残せない課題をするとスクワマの凄さが実感できるかと思います。

 

特に強傾斜での小さめのホールドでの足の残りがよく、シューズ自体も柔らかめなので、ハリボテにも乗りやすく、スメアリングもしやすいので、オールマイティなシューズの印象です。

 

ヒールフックも引っ掛けるヒールフックから、乗り込むヒールフックまで少し癖がありますが、問題なくかけれます。

 

マントリングでのヒールフックはジムでしか登っていないのでわかりません。

 

そしてトウフックも抜群によく、横からかけるトウフックは勿論、下から上に少しだけひっかけるようなトウフックでもそこまで意識しなくてもかけやすく、良かったです。

 

少し小さめのホールドでもトウフックがしやすく、悪い所は特に見つかりませんでした。

 

しいて言うならヒールカップが他のシューズと比べて独特なので、慣れるまでが少し大変かと思います。

が、慣れてしまえば気になりません。

 

全体的に見ても凄く良いシューズでした。

アレオンとの比較

アレオンと比較してみました。

足入れはアレオンの方が良いですが少し全体的に柔らかい印象。

甲高の人はスクワマだと少し窮屈かもしれませんが、アレオンは甲高でも大丈夫でした。

ヒールカップはスクワマは少し癖がありますがアレオンは細身のヒールカップになり、ハリボテのヒールはスクワマと比べて、少しかけにくい印象でしたがカチなどの薄いホールドはアレオンの方が効かしやすかったですが逆に、踏みの掻き込みはスクワマの方が断然足を残しやすいです。やはり値段が高いだけあっていいシューズでした。

インスティンクトVSRと比較

「インスティンクトVSR」は外でもクライミングジムでも無難に履きこなせるシューズでした。ヒールフックもトウフックも癖がなく足入れも悪くないので、買うクライミングシューズに悩んだら「インスティンクトVSR」を買うと間違いないでしょう。

ですが、もう少し掻き込みがしっかりしたシューズが欲しい人は「スクワマ」の方が掻き込みは最高です。

まとめ

いかがでしたか?

 

私の中での印象としては、トウフックがしやすいので、トウフックを多用するクライマーやジムオンリーで登っている人はいいかもしれませんね。

クライミングシューズは色々な種類がありすぎて、何を買えばいいのかわからない人も多いかと思います。

 

クライミングシューズを買う上で1番大事なのは自分の足に合うのかが大事です。

ですが、同じぐらい大事なのはやっぱり自分がカッコいいと思えるシューズを買う事が上達する上でとても大事だと思うので、一目惚れするシューズがあれば購入してみてはいかがでしょうか。

 

スクワマの特徴

○【三角スリット】のおかげでつま先の自由度が高く、ホールドをキャッチしやすい
○【Sヒール】のテクノロジーが採用されており、ヒールフック時の横方向の逃げを抑えてくれる
○アッパーには【ハイフリクションラバー】が採用されており、トウフックをサポート
○【P3】システムによりダウントウ形状を長くキープ

その他の記事はこちら