クライミングシューズUNPARALLEL VEGA(アンパラレル ベガ)レビュー

クライミング
スポンサーリンク

5.10(ファイブテン)というメーカーがなくなり、皆さんがこの先どのメーカーのシューズを履くのか悩んでいたと思います。特に5.10(ファイブテン)のメーカーを愛用してた人にしたら、この先どうしようかと凄く悩んでいたと思います。

そんな中、新しくUNPARALLEL (アンパラレル)というメーカーが出ましたね。噂ではUNPARALLEL (アンパラレル)が5.10(ファイブテン)の後継とまで言われていましたが、実際どうなのでしょうか。

では見ていきましょう。

実際履いて登った所、ハリボテやスメアは凄く良かったです。

スポンサーリンク

UNPARALLEL VEGA(アンパラレル ベガ)の特徴

もともとはJET7の類似品みたいな感じで出た商品と聞いたのですが、私はJET7は履いた事がないので

JET7と比較した感想は書けません。

ベガの率直な感想などを書いていきます。

参考までに靴サイズは普段の靴が25.5㎝でベガのサイズはUS8を履いてます。

靴下を履いている状態で履いて少しキツイかな?ぐらいです。

参考までに他のシューズは

〇 UNPARALLEL REGULUS(アンパラレル レグルス) US8

〇 adidas5.10 ALEON(アレオン) US8

〇 SCARPA BOOSTIC(スカルパ ブースティック) EU40.5

〇 La Sportiva Python(スポルティバパイソン) EU36.5

〇 La Sportiva OTAKI(スポルティバ オタキ) EU37

を履いています。

UNPARALLEL VEGA(アンパラレル ベガ)のレビュー

足入れ具合

ベルクロがこんな感じになっていて開口部が広いので足入れはとても楽。

今の所ベルクロが外れるとかはありません。

トウフックのかかり具合

トウ部分はこんな感じ

アンパラレルのクライミングシューズ

トウのかかりはいい感じです。

ゴム部分が少ない割には何の違和感もなく掛けれます。

初めはトウのかかる場所がシビアだと思っていましたが、慣れるとさほど気になりません。

ヒールフックのかかり具合

ヒール部分はこんな感じ

掻き込むヒールフックは物凄く良く思います。

ただ引っかけるヒールフックを使うときが使った感じイマイチでした。

引っ掛けるヒールフックはもう少し靴のサイズを小さくすればいい感じに効いてくれると思います。

スメアリング具合

スメアリングはなんの違和感もなくできます。

ソールが少し柔らかいので逆にスメアリングはすごくやりすいです。

足裏感覚

比較的わかりやすいです。

急な足のすっぽ抜けなども今の所なく踏みで乗り込んだりするのは凄く良かったです。

ホールドに乗る感じも結構いい感じなんですが

ジブや極薄ホールドに乗るときはだいぶ足を意識しとかないと、しっかり乗ることが難しく、とてもシビアに感じました。

逆にこれで登っていたら足が上手くなりそうに感じました。

私が下手くそなのかもしれませんが、ゴムが逃げていってズレるような感覚がしたので

薄いホールドなどの乗り込みには向いてないかもしれません。

ですが、遠めのホールドにヒールではなく、踏みで掻きこんで乗り込むときは凄く良かったです。

 

今流行りのデカイホールドが一杯付いてるジムで履くのがいいかなと個人的には思います。

伸び具合

そこまでめちゃくちゃ伸びると感じなかったので、素足で少しキツイぐらいで丁度かと思います。

全体的に凄く履きやすいシューズだったので是非一度履いてみて下さい。

1足目のダウントウシューズとして買うのも十分あり。

アンパラレル ベガのおすすめ4つのポイント

1.点で乗るより少し面で乗りたい人

2.ハリボテなどにしっかり乗りたい人

3.足入れの楽なシューズが欲しかった人

4.シンプルな色のシューズがいい人

上記に1つでもあなたに当てはまる物があるんだったら買っても損はしないです。

La Sportiva Python(スポルティバパイソン)レビューの記事はこちら

クライミングシューズLa Sportiva Python(スポルティバパイソン)レビュー

おすすめチョークのレビューはこちら

Tokyo powder(東京粉末)SUPER.B(スーパーブラック)レビュー

クライミング用液体チョークPD9レビュー