外岩クライミングにオススメグッツの紹介

スポンサーリンク
クライミング
スポンサーリンク

以前外岩の事に関して少し記事を書きましたが、今回は外岩クライミングに持っていくと便利な物を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

外岩オススメのアイテム

今から紹介するのはあったら便利になるアイテムなので別に無くてもかまいませんが、少しこだわりたいと思っている方にオススメ商品です。

2枚目におすすめ。とにかくでかいマットがいい方

 

■サイズ:112×165×12.5cm
■重 量:9.25kg

 

このマットは分かり易く言うとでかい!

外岩行くときにこれ一枚あればでかいので凄く安心感があります。

小さい人はマットで横になっても112×165もあるので手足がはみ出しません。

ただ一つ難点なのが9.25kg もあるので、凄く重いです。そして移動もしにくい

狭い道通るときも、でかいので一苦労です。ですが頑張って持っていくだけの価値はあります。

今日はこの課題を一日打つ!でも少し岩が高くて落ちると怖いってときにはお勧めです。

バスマットからパワーアップ

サブマットの代用でバスマットを使ってる人も多いかと思いますが、だいたい4〜5人で行って全員バスマットを持っていると誰のマットかわからないようになりがちです。一目見て分かるようにオシャレなサブマットに買い替えてみるのもありです。

マットを少しおしゃれにするアイテム

マットの上に上がる前に砂やゴミを落とす為などに使えます。

あればちょっとおしゃれで便利です。

冬に暖をとるのに便利なガスバーナー

これからだんだんと寒くなる時期になってきて、外で暖をとるのにお勧めです。

冬の岩場は本当に凍えるぐらい寒いです。

コスパ重視のガスバーナー

 

お湯を沸かす事に特化したガスバーナー

 

お湯が沸くまで待てない方は少し値が張りますがジェットボイルがおすすめです。

良い値段だけあってお湯が沸くのは凄く速いです。だいたい2分ほどで沸きます。

 

コップもこだわりたい方

外でまったりとコーヒーなども飲んだりできます。

紙コップもいいですが、マイコップでちょっとおしゃれもいいですね。

 

 

ただし行く岩場を事前に調べて火器類使用禁止やバーベキュー禁止など書いていたら絶対に使わないで下さい。

火器使用禁止でもコーヒーやカップ麺を食べたい人向けの水筒

熱々のコーヒーが飲みたい方は少し高いですがこちらがおすすめ

山専用に作られていて保温性が凄く良いので外岩でカップラーメンも食べれます。

自分の登りを録画するおすすめアクションカメラ

外岩で結構カメラで自撮りしている方を見かけると思います。

携帯で撮っていると使うたびに携帯を元の位置に戻してと繰り返すのが面倒で、肝心なときに充電がなくなりかねません。カメラにすると見栄えもいいですし、ずっとそのポジションに置いとけるのでおすすめです。

コスパ重視のアクションカメラ

自分の登りを動画に残しておきたいと思っている方はこちらがまだお手頃な値段でおすすめ。

画質や使い勝手にこだわる人向けのアクションカメラ

このセットがあれば携帯の充電も気にせず撮る事ができるようになるので非常に便利です。

クライミングシューズやチョークバックを入れるトートバック

バックパック(リュックサック)に靴やチョークバッグを入れるとどうしてもチョークやクライミングシューズに付いてる泥で汚れてしまいます。

手提げカバンがあれば、バックパックも汚れることなく、すぐに取り出せるので便利です。

上記ので紹介した物はあくまでもあれば便利というだけなので、特にこれがなかったら登れないとかではありませんが、少しおしゃれにしたい、外岩での休憩をワンランクあげて楽しみたい、自分がどんな登り方してるか気になる人、Instagramにアップしたい人には是非オススメします。