クライミングを今より楽しく!強くなる為のトレーニング方法を紹介。

クライミング

今回はジムでなかなか上達出来ずに悩んでる人に向けて、ジムで出来るトレーニングを紹介していきます。

普段から登るときにしていると確実に強くなれるので是非一度試してみて下さい。

まずクライミングをするのに必要な筋力を見ていきましょう。

こんな体になるのは男の憧れですね。



保持力

 

保持力とは

ホールドをしっかりと掴む力で、その体制を維持したりするときに役に立ち、様々なホールドを保持出来るようになればクライミングの幅が広がります。

体幹

 

体幹とは

身体の中心の筋肉で、バランスを取るときに使います。

体幹が強くなるとランジの際の身体の振られや、強傾斜、垂壁とあらゆる場面で役に立ち、クライミングをする上で絶対的に必要になってきます。

 

ジムでできるトレーニング

ジムで出来るトレーニングはキャンパスボードなど色々ありますが登りながら出来るトレーニングもあるので、紹介していきます。

やっぱり登りながらトレーニングしたい

せっかくジムに行ったのに

わざわざしんどい筋トレだけで帰るのは考えられない人向けのトレーニング方法です。

保持力を鍛える時はあえてしんどいムーブで登る

いつも通りの登り方でもトレーニングにはなるのですが、あえてしんどいムーブで登って不可を掛ける方法もあります。

例えば普段ヒールフックを使う様な場面でもあえて踏みの状態で行くといつも以上に不可を掛けることが出来ます。

 

カチ持ちで保持していたホールドをあえてオープンハンド

普段からどこでもカチ持ちをしている人はオープンハンドが弱いはずです。

 

カチ持ちだけではオープンハンドが強くならないので、初めは4本からオープンを始めてみて

少し余裕が出できたら3本、強傾斜などでトレーニングしましょう。

 

まだオープンハンドが慣れていない人は、足が滑って指に負担がかかると、パキる恐れがあるので

初めは極力ガバ足にのるようにしましょう。

 

オープンハンドが強くなるとスローパーにも強くなります。

強傾斜で足を切らないで登る

体幹トレーニングも同時に出来る方法です。

初めはガバでもいいので、足を残す練習をしていき

だんだん手も足も悪いホールドに変えていき、最終的にジブスでも足を残すように練習していきましょう。

 

登りながらでもストイックにトレーニングしたい

 

登りながらトレーニングしたい人でも更にストイックにしたい人もいると思います。

 

ストイックに登りながらトレーニングするには強靭な精神力も持ち合わせていないとトレーニングにならないので

 

ストイックに出来ない人はおすすめしません。

 

自分で悪い課題を作る

 

悪い課題と言っても落とせる課題じゃ意味がありません。

絶対に今の自分では落とせない課題を作りましょう。

 

スタートすら出来ない。

一手目すら取れない。

 

ぐらいが丁度いい感じ。

それを黙々と落とせるまで出来なくても、一手一手バラせるぐらいになるまで頑張り、すぐ辞めないで継続してやりましょう。

ただ単に何も考えずにやっていても意味がないので、出来なかったらなんで出来ないかしっかりと考えながら

ポジティブにやりましょう。

 

継続してやり続ける事が大事です。

 

しかし登りすぎて怪我をしてしまったらトレーニングしている意味が全くなり

怪我のあいだ登れなくなって、保持力や体幹などが低下してしまい

 

モチベーションも下がってしまいます

 

指に違和感を感じたりしたら、すぐに止めて違う事をするように心がけましょう。

 

毎回とは言いませんが、二週間に一回でもすれば確実に強くなります。

欲を言えば毎週した方がいいですが、それでクライミングが楽しくなくなってしまったら意味がありません。

 

あくまで楽しく登ることを心がけてトレーニングしていきましょう。

 

筋肉を付けたい人はプロテインを飲んで効率良くするのも効果的。

プロテインの記事はこちら
おすすめのプロテイン!MYPROTEIN(マイプロテイン)を紹介。筋トレだけでなくダイエットにもおすすめ