ボルタリング を始めたいけど必要道具は?損をしないチョークバック道具の選び方

クライミング
スポンサーリンク

前回の記事でクライミングシューズの損をしない選び方を紹介しましたが

 

今回は前回の続き

 

損をしないチョークバックの選び方を書いていきたいと思います。

 

その前にスポーツクライミングの種類について説明致します。

スピードクライミング

15メートル程の高さの壁を登る速さを競います。

ボルダリング

高くて5メートルぐらいの高さの壁を登ります。

リードクライミング

12メートルぐらいの高さの壁を登ります。

 

この3種類があります。

 

チョークバックこれは好みによって分かれてしまいますが、大きく分けて2種類あります。

 

私は初め買ったのはすぐ買い換えて違うチョークバックを買ってしまったので、この記事を読んでくれている皆さんには損はさせたくありません。

 

是非この記事を参考に選んで下さい。

スポンサーリンク

あなたはリード派?ボルダリング派?

チョークバックは大きく分けて2種類あると上記に書きましたよね?

床置に置いて使うタイプ

腰に付けて使うタイプ

 

この二つに分かれていて

  1. 好み
  2. 登る人の性格
  3. 登るルートの長さ

 

この3つで選べばいいと思います。

これを踏まえた上でチョークバックを決めていきましょう。

あなたはリードクライミングや長めの課題を登りたいですか?

 

はい!と答えたあなたには腰付けタイプのチョークバックがおすすめです。

リードクライミングでは登る手数が多くなるので、どうしても途中で手に付けているチョークがなくなってしまいます。

 

登ってる途中でもすぐチョークを手に付ける事が可能なのは腰付けタイプだけです。

腰付けタイプのメリット、デメリット

デメリット

○  手にチョークを付けるときに両手が入らない

○  一回のチョークチョークアップで手に付く量が少ない

○  小物をしまいにくい

メリット

〇  登ってる途中でチョークアップ出来る

 

更に詳しく知りたい人はこちら

ボルダリング 用チョークバックの腰に掛けるタイプのメリット、デメリットを紹介

あなたはボルダリングが好きですか?

はい!と答えたあなたには床置きタイプのチョークバックがおすすめ

短め課題だけ登るんだったら、

チョークが途中でなくなる事はあまりありません。

床置きタイプのメリット、デメリット

デメリット

○  途中でチョークアップ出来ない

メリット

○  一回のチョークの付けれる量が多い

○  両手が入る

○  横に小物を入れれる物が多い(テーピングなどを入れておける)

 

更に詳しく知りたい人はこちら

ボルダリング で使うチョークバック(バケツタイプ)のメリット、デメリットを紹介

チョークバックの値段は?

これはハッキリ言ってピンキリです。

腰付けタイプの方が小さいから安いイメージですが、置き型タイプでも安い物はあります!

2〜8千円の間であります。

私は初めに腰付けタイプを買ったのですが、すぐに置き型タイプに買い替えました。

そこから腰付けタイプは一切使ってないので、あなたがこれからリードクライミングではなく、ボルタリング をメインでするんだったら

絶対に置き型タイプがおすすめです。

腰に付けるタイプのチョークバック
床に置くタイプのチョークバック

 

 

おすすめの記事はこちら

クライミングシューズ用の靴下のメリット、デメリットを紹介

ボルダリング で使う粉末チョークのメリット、デメリットを紹介

ボルダリングで使う液体チョークのメリットやデメリットを紹介