クライミングでのサイファーのコツを紹介

スポンサーリンク
クライミング
スポンサーリンク

前回はランジのコツを紹介しましたが、今回はランジの応用編のサイファーについて説明していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

サイファーとは

ランジは両手両足がちゃんと乗っていて飛ぶムーブでしたが、サイファーは両手でホールドを持ち、片足をホールドに乗せないで、片足を振り子のようにふって、その勢いで飛ぶムーブです。足の振り腕の引きつけ足の踏み切るタイミングが一致しないと距離がしっかり出せない難しいムーブです。

左手で取りに行く場合は左足を振ります。

ですが、習得すると横方向の距離出しなどが楽になるので、是非覚えて下さい。

 

 

このムーブを完璧に使いこなせたら上級者の仲間入りでしょう。

サイファーの注意点

ランジは縦方向の距離を出すときによく使いますが、サイファーは横に距離を出したいときによく使います。

横に飛び出すので中途半端に耐えてしまうとを痛める恐れがあるので、飛びついてホールドを保持するときに出来るだけ体をあげてる状態で掴むように心掛けて下さい。

サイファーは足を振り子のように振って飛び出すので、当然ランジより体の振られはひどくなるので落ち方に注意しましょう。

 

サイファーのコツを紹介

なかなか距離が出せない人はサイファーのコツを何点か紹介しますので、是非参考にして下さい。

足をしっかり振る

ホールドにのってない足を振り子のように上下にしっかりと振ります。

このとき力を入れすぎないように、脱力している状態で足を振って下さい。

脱力している状態で足をしっかり振ってから足を蹴り上げるようなイメージで飛び出します。

足をしっかり踏み込む

足を振って飛び出すだけではしっかり距離が出ないで落ちてしまうので、しっかりとホールドに乗っている足を飛び出すときに踏み込んであげる。

腕をしっかり引きつける

脱力している腕を飛び出すときにしっかりと引きつけます。

引きつけて飛び出した後に腕で更にホールドを押すイメージでいくと、更に距離が伸びます。

この三点をしっかりと意識してやるとより効果的です。

初めは体がその動きを覚えていないので苦戦するかもしれませんが、何回もやってしっかりとタイミングを掴みましょう。

サイファーを使えるようになったら、ランジよりカッコいいムーブだと思うので頑張って練習して下さい。

 

 

サイファーはあまり使わないと言う方もいてますが、個人的な意見としては

身長の低いクライマーは結構多様していると思います。

理由はパツパツになってしまってランジの要であるタメが作れないからです。

タメが作れなければ当然距離を出すことが困難になってきます。

そういう時はサイファーの足の振りと腕の引きで距離出しをするので、リーチのない人ほどサイファーを多用している感じに思います。

参考動画