クライミングでのランジの練習やコツを紹介

クライミング
スポンサーリンク

クライミングでのダイナミックムーブの中にランジダブルダイノというムーブがありますが

今回はランジの事を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ランジとは

両足を完全にホールドから離して次のホールドを取りにいく事をランジやダイノと言います。

見た目は物凄く派手なので、決まると自分も気持ちいいし、観てる方も盛り上がるムーブの一つです。

特に男性は使う機会が多いと思いますので、是非習得しときましょう。

大体中級者ぐらいの課題から登場してきます。

 

ランジのやり方

両手両足がホールドに乗っている状態

そこから腰を落とす(タメを作る)このとき腕は伸ばす。

一気に腕を引きつけて足も伸ばしながら、伸びきった所でジャンプしホールドを取りに行く。

これが基本の動きになります。

ランジの注意点

ランジでホールドを取ったときは足がキレて手のみで自重を支えている状態で手にかなりの負担がかかります。

少し指に違和感があったり、痛めている時は怪我の原因なのであまりやらないで下さい。

ランジで止めた後は足がキレている体が凄く振られるので

着地点に注意するのと変に耐えてしまって、手がすっぽ抜けたときは凄い落ち方になるので、無理だと思ったらすぐに手を離す勇気が大切です。

ランジのコツを紹介

しっかりとランジをする為に何点かコツを紹介していきます。

しっかりと足を曲げて溜めを作る。

皆さん小学校とかで幅跳びをした事はありますか?

幅跳びする時もしっかりと足を曲げてから飛びますよね?

それと一緒でしっかりと膝を曲げて溜めを作ってあげないと距離が出せず、取りに行くホールドまで手が届きません。

腕はしっかりと引きつけて、飛ぶときは壁から離れずに、壁の形状に沿って飛ぶ。

壁に形状に沿って飛ぶのは初めの内は怖いと思います。目の前にデカイホールドが付いてたら尚更怖いですよね。

でも壁から剥がされながら飛んでも次のホールドは取れません。出来るだけ壁と平行に飛ぶように意識しましょう。

イメージとしてはしっかりとホールドに立ち上がってから飛ぶイメージです。

その為にはしっかりと腕を引きつけてから飛ばないと壁に沿って飛べません。

タイミングが大事!

何回も練習してタイミングを覚えて、カッコいいムーブを完成させましょう。

参考動画