クライミング用チョークGRASP(グラスプ)チョークパック使い切りタイプ使ってみた

クライミング
スポンサーリンク

今回はGRASP(グラスプ)から新しく出た使い切りタイプのチョークパックのレビューを書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

GRASP(グラスプ)クライミング用チョークパック

このチョークパックはレギュラータイプ、ウェットタイプの2種類りますが、今回はウェットタイプのレビューになります。

まずは見た目から

中身はこんな感じ

 

 

中身は45gです。

使い切りタイプなのでチョークを詰める手間が不要

普通のチョークボールは使い終わったらチョークを詰めなければいけないですが、このチョークパックは使い切りになっているのでわざわざチョークを詰める手間もなく、使いきったらそのまま捨てるだけなのでチョークを詰めるのが面倒な人にはいいかもしれません。

使用感も良くコスパも高め

チョークボールでチョークアップするのと同じ要領でチョークアップ出来て、軽く手でポンポンとするだけですぐ手に馴染みます。

中身はグラスプのウェットタイプと一緒なのでヌメリ手の人にオススメです。

粉自体はすごく細かくてサラサラして肌触りも良いので、肌触りを気にしている人にもいいかもしれません。

使い捨てで値段も¥500で程度なので、コスパは高めです。

チョークパックは四角くて平

チョークボールは丸いボールの様な形をしていますがこのチョークパックは四角くて平の為

チョークバッグに入れてもかさばらず邪魔になりません。

チョークボールみたいに詰め替え不要の為、臭いが付きにくい

詰め替え出来るチョークボールだとどうしても、手汗がチョークボールに染み付くので

長く使っていると手汗の臭いが付いてどうしても悪臭がしてしまいます。

このチョークパックだと、なくなったら捨てる為、悪臭の心配はなく衛生面も安心して使えます。

GRASP(グラスプ)チョークパックのこんな人にオススメ4つのポイント。

1.チョークボールにチョークを詰めるのが面倒。

2.チョークボールの臭いが気になっていた人や衛生面が心配。

3.チョークバッグに入れても嵩張らないチョークボールが欲しかった。

4.邪魔にならないサイズのチョークボールを探していた。

結構使い勝手がいいのでクライミングジムなので売ってたりしたら高くないので買ってみるのもありです。

グラスプのチョーク自体を気に入った人はこちらもオススメ