クライミング上達する登り方を紹介

スポンサーリンク
スポーツ
スポンサーリンク

 

クライミングでは登り方が凄く大事です。

特に初めは腕力だけでいこうとしてしまいます。

勿論、腕力も凄く大事なんですが、腕力だけではどうしても登れなくなってしまいます。

クライミングでは足の置き方1つで腕への負担が大きく変わってくるので、足を上手く使えないと、一定のレベルを超えれなくなってきます。

 

その場その場に合わした登り方が出来ると余計な力を使わないので、力の温存に繋がります。

力を温存できることによって、核心のポイントも突破できる確率が格段に上がりますので、是非参考にして下さい。

 

スポンサーリンク

基本ムーブ

右手右足の法則

次の取に行くホールドが右手で取りに行きたい場合は右足を先に上げる。

逆に左手で取る場合は左足を先に上げる。

この時ホールドに置いている両足は、つま先で乗るようにしておいてください。

そうすることで体の向きを、右に向けたり左に向けたりしやすくなります。

土踏まずの所で乗ると体の向きがすぐに変えれないので、次の一手に出にくくなります。

なので、基本は,つま先で乗るように心がけましょう。

 

右手右足の法則ができるようになってきたら次はムーブを試しましょう

 

ダイアゴナル

先ほど紹介した右手右足の法則と基本は同じですが、右足で乗って右手で取りに行くときの体の向きが違います。

初心者は大体壁に正面向けて次のホールドを取りに行きますが、このムーブは取りに行く側の肩を壁に近づけて取りに行きます。

ただ単に肩を近づけるのではなく同時に、足も使います。

例えば、次のホールドを右手で取りに行くとします。

初心者の方の場合、この時の両足のつま先外側を向いてると思います。

これを右手で取るときは両足のつま先を左に向ける。かつ、顔も左に向けて右手を出して取りに行く事で、自然と取りに行く側の肩が壁に近づいてはずです。

ただ単に腕の力だけで取りにいくのではなく、足で立ち上がりながら取りにいく感じです。

足を使う事で腕の負担を軽減出来ます。

いきなりやるのは難しいと思うので、徐々に体にその動きを覚えさせて行きましょう。

いきなり出来る方はいないと思うので、ガバなどを持って反復練習あるのみです。

何回も練習していると徐々に重心の置く位置がわかってきます。

この基本のムーブを垂壁で体に覚えこませておくと、強傾斜を登るときに次の一手が出しやすくなるので、是非マスターしましょう。

キョン(ドロップニー)

このムーブを覚えると強傾斜は勿論、ルーフでも垂壁でも使えます。

力をそんなに使わずに壁に張り付いてられるので、特に女性の方が多用しているイメージが強いムーブです。

まず右手で次のホールドを取りに行くけど左手で持っているホールドがそんなに良くなかったとします。

その時に右足を太ももぐらいの高さまで上げて膝を内側に回しながら体を左に向くようにしていきます。

こういう状態です。

このムーブをすると、腕の力をそんなに使わずに壁に張り付く事が容易に出来ます。

手で支えるのではなく、足にしっかりと乗るイメージですると少しわかりやすいと思います。

このムーブも反復練習して体に覚えこませて使えるようになるとすごく便利です、女性の方はもちろんのこと、男性でも覚えるとムーブの幅が増えるので是非マスターしましょう。