初心者の為のスローパー持ち方講座

スポンサーリンク
スポーツ
スポンサーリンク

ピンチやカチ持ちが出来るようになってきて急に持てないホールドが出てくるとおもます。

 

 

今回は段々クライミングにも慣れてきて、結構登れるようになってきた!!

と実感してるときに、こんなん無理!って挫折を味わわしてくれるホールドを

紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

スローパー

 

もうこのホールドの名前を聞いただけで、初心者からは毛嫌いされている可哀想なホールドです。

見た目は可愛らしいホールドなんですけどね。笑

今まで持ってきたガバ、カチと違い持つ場所がないので、持ち方が分からなくて挫折を味わう方も少なくないはず。

通称初心者キラー

持ち方

スローパーの持ち方はパーミングと言う持ち方をします。

 

 

 

こんな感じで手のひら全体をホールドに押さえつけて摩擦で止める感じで持ちます。

手で押さえるのではなく肩、背中、胸、の筋肉を使って押さえこむイメージで持ちます。

持つのではなく、押さえこむイメージが大事です。

脇を締めるイメージです。

重心は真下

スローパーの持ち方は持つイメージではなく、押さえつけるイメージです。

なので重心の位置というのは、とても重要になってきます。

スローパーを持つときは、できるだけ重心がスローパーの真下にくるようにする事がとても重要になってきます。

あと、お尻の位置も結構重要で、頭よりお尻が壁に近い方が少しだけ楽な気がします。

重要はスローパーの真下かつ、お尻は頭より少し壁に近づける。是非試してみてください。

余裕があれば脇もしめる。

無理に保持しようとしたり、いきなりスローパーばかり持つと、手首に負担がかかり痛めやすいので、注意してください。

 

じわじわ出る

スローパーは手だけじゃなく足もしっかりと乗っていないと、持つはしんどいホールドです。

持っているだけでしんどいので、気持ちが先走ってしまい重心がぶれて、安定しないままに次の一手に出てしまい落ちてしまうのも多々あります。

ですが、そこは堪えてじわじわと重心をずらしていき安定させてから、次の一手に出る癖をつけましょう。

 

もしジムに通う時間がなくて、家でトレーニングしたい方はこちらがおすすめ