ボルタリング上達する持ち方を紹介

クライミング
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ホールドの持ち方

ボルタリングはホールドの形によっていろいろな持ち方があります。

これから紹介する持ち方を最低限使えなければ、余計な力を使いすぎ、すぐヨレてしまいます。

入門の課題は足をどの位置に置いてもよく、どんな持ち方でもすぐに行けてしまいますが、中級になってくると、足の位置も限定されてくるので、ここはこの持ち方やムーブじゃないと無理!って所が必ず出てきます。

なので必ずマスターして友達より一歩先に行きましょう。

カチ持ち

カチ持ちとは

薄いホールドを持つときに使う持ち方

人差し指、中指、薬指の第1関節を反り返るように持ち

親指を横に添える(親指を人差し指の第一関節の上に持ってくる人もいます)

カチ持ちを使うと苦戦していたホールドが結構持てるようになりますが、

指の関節に相当な負荷がかかる為、多様はあまりよくないです。

あとカチ持ちしてる状態から、横の遠くにあるホールドを取りに行く時は、カチ持ちしている手の可動域が、少ないので、手首に負担がかかり痛めやすくなります。

 

ピンチ

ホールドを親指と人差し指、中指、薬指で挟むように持つ

分かり易く言うと、手でつまむようにもつ。

親指を使ってホールドを挟む事で、保持力があがります。

上に出るムーブなどは、手首の動きが制限されてしまい、逆に出にくくなります。

ピンチが強ければスローパーのホールドもピンチで持てるので、ピンチ力に自信のある方は、ピンチ力を強化しましょう。

オープンハンド

名前の通りに手を開いて指だけ引っ掛けて持つやり方です。

余計な力を入れないで、指を引っ掛けて脱力したイメージで持ちます。

写真では、ポケットホールドですが、初心者のうちはこのホールドは避けましょう。

避けると言うか持てません。

 

指の筋が強くなるまでは、4本指で持つようにしましょう。

強がって2本指でやっていると指を痛めて登れなくなります。

指の筋はなかなか強くならないので、気長に4本指、ちょっといけるかな?っと思ってきたら3本にするなど、徐々に減らしてやっていきましょう。

初めは、ガバホールドで四本で持ったりして、徐々に鍛えていきましょう

 

ラップ

ホールドを掌で包むように持ちます。

 

ホールドによって、上から包む場合と下から包む場合があります。

この持ち方は力もそんなに要らなくて、非常に便利なので、いろんなホールドで試して、必ずマスターしましょう。

これのコツは重心の位置です。

何回かやってみて、この位置じゃ効きにくいと思ったら、重心を右に持っていったり、左に持っていったりして、色々探っていい位置を見つけましょう。

 

高いホールドを無理にラップ持ちで取りに行くと、手首を痛めやすいので注意です。

 

これらの持ち方を覚えただけで、持ち方の幅が広がり、今まで力だけで持っていたホールドを余計な力を使わず脱力してもてるので、核心のムーブの所まで力を温存出来るようになり、無理やった課題もいけるようになります。

コツを掴むまでは大変かもしれませんがコツさえ掴めれば

友達よりも一歩先に行けること間違いなしです!

上手い人のムーブや持ち方を観察したら上達の近道になります。

核心とは

その課題を作った人がここが一番しんどい(ここで落ちろ!!と願ってる所)と設定している一手

そこまではいけるのに次の一手が取りにくいなど。

 

課題の核心は大体登ってる中盤か最後に設定されているので、そこに行くまでに力を温存する登り方は凄く大事です。

ですので、今紹介した持ち方をマスターしましょう。

目指せ脱初心者!!!

ボルダリング におすすめ液体チョーク4選|外岩のカチやスローパーにも使えるチョークを厳選紹介