adidas5.10(アディダスファイブテン)からNEW HIANGLE(ハイアングル)登場

クライミング
スポンサーリンク

5.10(ファイブテン)からadidas5.10になりHIANGLE(ハイアングル)が発売されていましたが、新たにリニューアルされてNEW HIANGLE(ハイアングル)として登場したので紹介したいと思います。

まずはNEW HIANGLE(ハイアングル)の変更点から見ていきましょう。

○ヒール部分のラバーの変更

○ソールがセパレートになった

〇アッパー素材がシンセティックレザーに変更

となっており、adidasのハイアングルより、5.10の時のハイアングルが好きだった人にはいいお知らせになるかもしれませんね。NEW HIANGLE(ハイアングル)の一番の特徴はアウトソールがセパレートになっているということでしょう。

セパレートになってどうなっているのか気になりますね。

スポンサーリンク

NEW HIANGLE(ハイアングル)

見た目はこんな感じ

底を見ればわかりますが、ソールがセパレートになっています

アッパー素材がシンセティックレザーに変更されており、アウトソールのセパレート化、アウトソールはC4ラバーのままですが、ヒール部分のラバーがHFラバーに変更されており、前回のハイアングルのヒールよりも更にフリクションがアップしているのも楽しみですね。

5.10時代のときはシンセティックレザーの HIANGLE(ハイアングル)が発売されていましたが、adidas5.10に変わり、シンセティックレザーじゃなくなり周りが昔のHIANGLE(ハイアングル)の方が良かった。という声も聞いていて、今回シンセティックレザーに戻っているのでもしかしたら昔のHIANGLE(ハイアングル)が好きだった人は履いてみてもいいかもしれませんね。

あと、ソールがセパレートになって果たしてHIANGLE(ハイアングル)と呼べるのかどうか気になる所ですね。

 

 

その他のクライミングシューズや小物の記事はこちら

 

UNPARALLEL VEGA(アンパラレル ベガ)レビュー

adidas5.10 ALEON(アレオン)履いてみた!ソックスの様なフィット感が実現する話題のクライミングシューズをレビュー

adidas5.10CRAWE(クロー)の記事はこちら

VINGA X(ヴィンガX)使ってみた!どんなシューズでもソールを削る事なくフリクションを回復出来るソールクリーナーをレビュー