ボルタリング上達 目指せ上級者!!ジム1級課題を落とす

スポンサーリンク
スポーツ
スポンサーリンク

ボルタリングをしていて、1級の壁がなかなか超えられない方がいると思います。

1級の壁は3級の壁と次元が全然違います。

中には5年登ってても1級の課題が落とせない方もいるほど1級は難しいです。

今回は1級を落とす為にやる事を書いて行きたいと思います。

スポンサーリンク

ジム1級を落とすには

まず、今までと同じ登りだと無理と思って下さい。

これまでやってきた事に➕α何かが必要です。

まず自分に何が足りないかまず、考える

自分に何が足りないのかしっかりと考えて、分析していきます。

 

フィジカルが足りない

体幹が弱い

柔軟性がない

足の使い方が下手

オープンハンドが弱い

スローパーが弱い

ピンチが弱い

ランジが下手

ダイノが下手

など色々あります。

そしてその足りない部分を鍛えて行きましょう。

 

フィジカルトレーニング

 

フィジカルトレーニングは自重でやる事をお勧めします。

重りを付けてキャンパスボードをして怪我をしてしまったらトレーニングしてる意味がありません。

あくまでもトレーニングなので、怪我しない程度でやめときましょう。

あと登る日とキャンパスボードでトレーニングする日は分けた方が効果的です。

登った後にキャンパスボードをすると指を痛めやすいため、キャンパスボードでトレーニングするときは、それしかしない!

っという気持ちでジムに行きましょう。

 

あとガバに片手でぶら下がってロックの練習するのも効果的です。

ロック出来るようになったら

肘を90度に曲げた状態で片手でロック出来るようになったら次は、3段階にわけてロックの練習をしていきます。

80°

90°

120°

ぐらいの3段階でロック出来るように目指して行きましょう。

体幹トレーニング

まず腕立て伏せの状態になります。

そこから右手を浮かせて前に伸ばし、耳の所ぐらいまでもっていきます。

そのときに左足も一緒に浮かせてみましょう。

これを左右交互にやっていきます。

 

こんな感じです。

やったら分かると思いますが、結構しんどいです。

真剣にやると汗だくになります。

登る前にやり過ぎると、体幹がよれて登れなくなってしまうので、注意して下さい。笑

体幹が弱い人と感じている人は是非一度試してみて下さい。

 

家にストレッチポールがある方はこういうのもおすすめ。

ただ上に乗ってるだけでも結構疲れます。

 

柔軟性

これは結構必要な人と必要でない人に分かれるような気がします。

 

必要やと感じたら登る前にストレッチに柔軟を混ぜたり、風呂上がりに柔軟をしていきましょう。

いきなりやり過ぎると痛めるので、無理にやり過ぎないようにして下さい。

足の使い方

これは若干センスもあると思います。

上手くなるコツはひたすら考えて、実行してみる事です。

上手い人の登りを見て、自分とどう違うか見て考えましょう。

 

ただ、そのホールドが持ててるか

持ててないかで、足の送り方なども変わってくるので、

足の上手い人=保持力がある。体幹が強い。

ような気もします。

自分の登りを動画で撮ってもらう

自分がどういう登り方をしているのか自分で撮るか、人に撮ってもらって

しっかり今自分がどんな登り方をしているのか研究しましょう。

この撮ってもらって自分の登り方をじっくり見るのは凄く勉強になるので、恥ずかしがらないで、積極的に撮りましょう。

同じ核心の所で毎回落ちるのであれば、一回撮ってもらい自分の持ち方、重心の位置などを見直してみましょう。

逆に動画を見て足の使い方や体の使い方を見てみるのも良いでしょう。


こんなスタンドがあれば、コンパクトなので邪魔にならず非常に便利です。

 

 

ジムになかなか行けない、家に筋トレ出来るスペースがある方はこれ一つでオープンハンド、スローパー、ポケット、大体の事はこれ一つで可能です。