自宅で出来る筋トレやストレッチ、クライミングなどのトレーニングにオススメ9選!手軽に始めれる物を厳選紹介

クライミング
スポンサーリンク

自宅で出来るトレーニンググッツを紹介!

筋トレやストレッチなどをするのには、ジムに行かないと出来ないと思っている人も居ると思いますが、最近ではジムに行かずに、自宅でトレーニングする人も多いようです。

自宅で使えるトレーニンググッツは、コンパクトで邪魔にならずに使える物がほとんどなので、ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

自宅で手軽に始めるトレーニンググッツ

(約)横183cm×縦60cm×厚み10mm

床をキズ付けたくない人や床に寝転んだりしたときに、痛いのが嫌な人は必需品です。自宅でトレーニングしようと思っている人はまずこれから。カラーバリエーション豊富なので自分のテンションが上がる色を選びましょう。

 

商品サイズ/重量(約):幅33・奥行12・高さ12(cm)/620g

定番となっている腹筋ローラー。この腹筋ローラーの最大の特徴は幅を広げたり狭くしたりできるので、初心者から上級者まで誰ですぐに使えます。初めは膝を付いてやりましょう。

 

商品サイズ/重量(約):平行時:幅22.5・奥行14.5・高さ13.5(cm)/280g(1個あたり)

腕立て伏せの定番となっているプッシュアップバー。このプッシュアップバーの最大の特徴は傾斜角が段階で調整可能となっているので、自分のレベルに合わせて鍛える事が可能。不慣れな人は地面と平行から始めましょう。

 

 

サイズ/W29×D13.5×H29.5cm

骨盤周りの筋肉を刺激してくれるので下腹がきになってる人におすすめ。このスリムスイングの最大の特徴は、簡単に床に座ってテレビなどを見ながらできるという事でしょう。忙しくてなかなかできない人におすすめです。

 

 

商品サイズ/重量(約):最大幅55・最大厚さ2.7(cm)/200g

黒とオレンジに色分けされており、色によって重さが違うので初めての人でも安心して使えます。このプルアップチューブの最大の特徴は、背中を鍛えるのはもちろん。腕なども鍛えれて、鍛える部位のバリエーション豊富ということでしょう。自分だけのやり方を見つけたい人や背中や腕を鍛えたい人におすすめです。

 

筋トレの定番のダンベル

このダンベルの最大の特徴はダンベルとしても使え、二つを接続するとバーベルとしても使えるという点でしょう。持ち手には滑り止めが付いていて、プレートが12角になっているのでそのまま床に置いても、転がる心配もないので、小さい子供が居る家庭でも安心して使えます。素材がポリエチレンなので、ダンベル独特の臭いもなく、床に置いてもキズが付きにくく錆びないのは嬉しいですね。

 

手首を鍛えるグッツで手首以外にも持ち方や腕の角度で前腕や上腕も鍛えれます。回転数を色で知らせてくれるので、今何回転なのか分かるのは、嬉しいですね。

このスピナーの最大の特徴はオートスタートという事です。オートスタートになっている事で今までスタートさせるのに時間がかかっていた人や、苦手だった人でも簡単に回す事が可能となっています。クライミングや手首を使うスポーツをしている人に向いています。

 

サイズ:横14.3 縦32.5cm
重量:約992g

BASARO フォームローラーの最大の特徴は筋膜リリースがしやすいということです。筋膜リリースをする事で代謝がよくなり、筋肉も柔らかくなって関節の可動域も広くなります。

肩から足、すべての部分で使えるので非常に便利です。ダイエットや基礎代謝を上げたい人や筋肉が固くなっている人は使ってみてもいいかもしれません。

 

直径約65㎝

従来のビニールのカラフルなデザインだと部屋に馴染まず、欲しいけど買わなかった人向けのバランスボールです。このバランスボールの特徴は部屋のインテリアとして置いていても違和感なく、部屋に馴染みます。従来のバランスボールの色合いが嫌いで部屋に置きたくなかった人に向いています。

 

まとめ

筋トレグッツは家にあるだけで、少しやる気が出てきますね。ジムに行くのに抵抗がある人は自宅でも手軽に始められるのでおすすめです。

どこを鍛えたいのか考えて、自分に合った物を購入しましょう。

オススメ記事

おすすめのプロテイン!MYPROTEIN(マイプロテイン)を紹介。筋トレだけでなくダイエットにもおすすめ

オススメクライミングシューズ9選/外岩、ジム用のクライミングシューズを厳選紹介!レビュー付き

初めてクライミングジムに行く人に、知っておくと得するポイントや持ち物を紹介