コーヒードリッパーおすすめ5選|キャンプなどのアウトドアで活躍するコンパクトなドリッパーを厳選紹介

アウトドア
スポンサーリンク

自宅やアウトドアで本格的なコーヒーを楽しめるコーヒードリッパー。自宅で使用するタイプは陶器やプラスチックの入れ物に紙フィルターを置き、使用するタイプが多いです。ですがアウトドアで持っていくには陶器だと割れる心配があり、プラスチックだと割れる心配はないですが、嵩張ったりして荷物の邪魔になりやすいですよね。

 

今回紹介するコーヒードリッパーは金属製の割れる心配不要で、コンパクトに折りたためるタイプや紙フィルターを使わないタイプを紹介していくので、キャンプなどのアウトドアで「最高のコーヒを」と考えていた人はぜひ参考にしてくださいね。

 

それでは特徴から見ていきましょう。

スポンサーリンク

コーヒードリッパーの特徴

コーヒードリッパーはコーヒーの粉を入れたフィルターを固定する入れ物です。

容器の材質は陶器やプラスチック、金属製のものまでさまざまな種類があり、使い捨ての紙フィルターを使う物や、洗って何回でも使用できるメタルタイプのフィルターまであります。

紙フィルターとメタルフィルターはそれぞれ違うので、あなたの好みで使ってみましょう。

紙フィルターの特徴

使い捨てタイプのフィルターです。

 

コーヒーミルで細かく挽いた粉でもしっかりと受け止めてくれるので、サラッとした舌触りのコーヒーが飲めます。

しかしコーヒー特有のオイル分も紙に吸収されてしまうので、コーヒーの風味は少し損なわれるのが特徴。

メタルフィルターの特徴

洗って何回でも使用出来るタイプ。

コーヒーの粉が細かすぎるとコーヒーが粉っぽくなってしまうので、使うときは粗めにしましょう。

しっかりとオイル分も抽出してくれるのでコーヒー本来の味が楽しめます。

 

それではおすすめコーヒーミルを厳選紹介!

おすすめコーヒードリッパー

スノーピーク|フォールディングコーヒードリッパー

スノーピーク「フォールディングコーヒードリッパー」は焚き火台と同じ折りたたみ式なのが特徴。折りたたんでコンパクトに出来るので、収納に困りません。

スノーピークならではのおしゃれで遊び心のある商品です。

 

スノーピーク|フィールドバリスタコーヒードリッパー

スノーピーク「フィールドバリスタ ドリッパー」は分解してコンパクトになる、6パーツで構成されているのが特徴。

組み立てには少し慣れが必要ですが、アウトドアでコーヒーを満喫したい人にはおすすめと言えるでしょう。

バリスタシリーズのコーヒードリッパーです。

 

 

ユニフレーム|コーヒーバネットgrande

ユニフレーム[コーヒーバネットgrande]はお湯を注いだときに発生するガスを逃すように作られているのが特徴。

専用フィルターもありますが、市販の円錐型ペーパーも使用可能。

4人用なのにコンパクトに収納できる製品です。

STANLEY|CLASSIC POUR OVER

スタンレー「クラシック プアオーバー」はペーパーフィルターを使わずにハンドドリップできるメタルフィルターを搭載しているのが特徴。

金属製フィルターなので、コーヒーのオイル分も抽出できる為、コーヒー本来の味が楽しめます。ですがコーヒ豆を細かくしすぎると落ちて粉っぽくなってしまうので粗めがGood。

ペーパーフィルターいらずのコーヒードリッパーです。

 

コールマン|パルテノンコーヒードリッパー

コールマン「パルテノンコーヒードリッパー」はペーパー不要のメッシュフィルターが付いているのが特徴。

コーヒーオイルをしっかり抽出してくれるのでコーヒー好きにはたまりません。

見た目もカッコいいオールステンレスの製品です。

 

MUNIEQ|Tetra Drip 02s 

ミュニーク「テトラドリップ02s」は3枚のステンレスの鉄板を組み立てて使用するので、コンパクトになるのが特徴。

市販の円錐形ペーパーフィルターが使えるのもGOOD。

02sは3〜4人用になっているので、ソロや2人用が欲しいなら01sがおすすめ。

 

携帯性に優れたコーヒードリッパーです。

まとめ

いかがでしたか?

コンパクトなコーヒードリッパーがあれば、キャンプやバーベキュー、登山でホッと一息つくときに本格的なコーヒーが楽しめますね。

そんなコーヒードリッパーですが、各メーカーからさまざまな種類が発売されています。この記事を参考に気になるコーヒードリッパーが見つかったなら購入してはいかがでしょうか。

アウトドア用のコーヒーミルやコップを探している人はこちら