コーヒーミルおすすめ8選|アウトドアで使えるコンパクトな手動ミルを厳選紹介

アウトドア
スポンサーリンク

美味しいコーヒーをアウトドアでも楽しめたら良いと思った事はありませんか?

挽きたての香り高いコーヒーが楽しめるコーヒーミル。挽きたてのコーヒーは格別です。

 

コーヒーミルには電動式と手動式のタイプがありますが、コーヒーミルを持ち歩きたくても電動式は嵩張ったり、電気が必要になるので無理ですよね。

今回はどこでも使える手動式のミルを紹介していきますが、コンパクトで持ち運びしやすいミルを紹介するので参考にしてくださいね。

まずは特徴から見ていきましょう。

スポンサーリンク

手動式コーヒーミルの特徴

焙煎されたコーヒー豆をドリップ用のコーヒー粉にするための道具。飲む直前まで豆の状態のまま保存しておく事で風味をそこなう事なく、コーヒー本来の香りや味を楽しめます。

中でも手動式のコーヒーミルは比較的にコンパクトなものが多く、持ち運びに優れており、アウトドアや少人数で使う場合にはおすすめですが、小さい分一度に挽ける量は少なくなってしまいます。

大人数のときに使用するなら電動ミルがおすすめですが、2〜4人ぐらいの少人数は手動式で十分間に合います。

 

それではおすすめの手動式コーヒーミルを厳選紹介!

おすすめ手動式コーヒーミル

CAPTAIN STAG|ステンレスハンディーコーヒーミルS

キャプテンスタッグの「ステンレスハンディーコーヒーミルS」はセラミック刃使用で金属臭がなく食材本来の風味をそこなわないのが特徴。セラミックの刃は取り外しができ水洗いも簡単なので清潔に使用できます。

ハンドルの取り外しも出来るので、コンパクトに収納できるコーヒーミルです。

porlex|コーヒーミル2ミニ

ポーレックス「コーヒーミル2 ミニ」は本体中央部のラバーでコーヒー豆が挽きやすくなっているのが特徴。

比較的に軽く豆を挽けるように工夫されているので、力のない人でもスムーズに使用出来ます。

ハンドル部分も取り外せるので収納しやすい製品です。

OUTDOORMAN セラミックコーヒーミル

OUTDOORMAN「セラミックコーヒーミル」はセラミック製の挽き臼を採用しているのが特徴。

金属臭がないのでコーヒーの風味をしっかり味わえます。

バーベキューなどのアウトドアで活躍するコーヒーミルです。

アウトドアマン コーヒーミル

snow peak Field Barista Coffee Mill

スノーピーク「フィールドバリスタ ミル」はハンドルとフタが一体型という特殊なデザインなのが特徴。

 

スノーピークならではの細かいこだわりがある商品です。

タイムモア|栗子C2 

タイムモア「栗子C2」は切削加工金属刃を使用しているのが特徴。

セラミック刃は手入れが簡単ですが、どうしても豆を押し潰しやすく、均一になりにくいのですが、金属刃だと豆を切りながら挽くため均一になりやすくなっています。

高級なデザインで家でも馴染むハンドミルです。

タイムモア|nano

タイムモア「nano」は高性能なのにアウトドア向けのコンパクトモデルなのが特徴。

ステンレス臼採用でコーヒー豆を切るように挽いてくれます。

少人数でのアウトドアにおすすめのモデルです。

1ZPRESSO|Q2 

LG-1ZPRESSO「Q2」は比重と密度の高い金属をミル刃に使用しているので、コーヒー豆を切るように挽けるのが特徴。

比重と密度の高い鋭い金属刃を採用しており、特殊な表面処理で対酸化性能と歯の耐久力向上を実現しコーヒー豆の風味を損なうことなく挽くことが可能です。

ハイクオリティーのコーヒーを外でも楽しみたい人にはおすすめと言えるでしょう。

 

アウトドアで最高の一杯を飲めるコーヒーミルです。

1ZPRESSO|Zpro

1ZPRESSO「Zpro」は比重と密度の高いステンレス刃を採用しているのが特徴。軸受に金属ペアリングを採用することで、回転部分の精度が上がり高い粉砕能力を実現。

ハンドミルの最上位機種モデルの製品です。

まとめ

いかがでしたか?

手動式コーヒーミルは一度に挽ける量は少ないので少人数向けになってしまいますが、コンパクトなので持ち運びしやすいのがいいですね。

そんなコーヒーミルですが各メーカーからさまざまな種類が発売されています。今回記事で紹介した商品で気になるのが見つかったなら購入してはいかがでしょうか。

アウトドアで使えるコップやコンパクトなコーヒードリッパーを探していた人はこちら