クライミングリーチを少しでも伸ばす方法2

スポンサーリンク
スポーツ
スポンサーリンク

今回は前回のリーチを克服しようの続きになります。

スポンサーリンク

足の位置もしっかり考える

背丈のないクライマーにとって足の置き方ひとつでも物凄く重要になってきます。

例えば

7センチぐらいの足場でも

左端真ん中右端にのせるのか

そこで足の向きは、正対でいくのか、キョンをいれていくのか

正対とキョンの間でいくのか、

が重要になってきます。

同じように遠いホールドをなんとか取って、足を入れ替えて手を寄せるときも

その入れ替えた足が、正対なのか、キョンなのか

その踏んでいるホールドはを踏んでるのか、真ん中を踏んでいるのか

重心は何処にもってきているか、

でも寄せがだいぶ変わってきます。

同じようにスメアリングを張る足の位置でも膝よりで張るのか、で張るのかなどでも、かなり違います。

ヒールフックを掛けるにしても、ホールドのにのせるのか、にのせるのか、側面にのせるのかで変わってきます。

このように足の位置1つでだいぶと変わってきます。

 

そこら辺をしっかり考えて、打ち込む高難度の課題などでは、足位置をしっかり決めていかないと、全く歯が立たなくなります。

ここまで考えないと無理なのか?!

となる方も居ると思いますが

リーチ不足で登るというのはそれほど重要な事なのです。

逆にここまで考えないと高難度の課題となると落とせません。

これはリーチ不足で悩んでる方ならば共感出来るかと思います。

実際に私もジムで同じぐらいのリーチの人達と凄く話が合い、共感出来る部分が一杯ありました。

足位置を考えたら自分の足を信用する

まず、小さいフットホールドにでも自分が全体重を掛けてもスリップしないという自信をつけましょう。

 

なぜなら、その足に乗って次のホールドを取りに行くときに、背丈がある人は片足がフットホールドに残りやすいですが、背丈がない人はどうしても片足が残りにくくなりやすく

必然的に片足に完全に乗り込まないと届かない課題が出てきます。

このときに、自分の足がどれだけ乗れているかが重要になり

完全に乗れている自信がない=乗り込みきれない=届かない

 

完全に乗っている=乗り込める=届く

 

こんな感じになります。

それだけ足位置、体重のかけ方は重要です。

 

 

 

ホールドの持ち方も考える

ホールドの持ち方1つでも距離が出しやすかったり、出にくかったりします。

 

ピンチで持ってるホールドで横に出る時に、ピンチ持ちのまま出てしまうよりも、出る瞬間に親指を抜いてオープンハンドの状態にしたり

カチを持ってて横に出るときにカチのまま出ないで、出る瞬間に親指を抜いたりすると少し距離が出しやすくなります。

このように、ひと工夫するだけで距離が、2〜3センチ変わってきます。

「たかがそんだけ伸びた所で変わらいんじゃないの??」

と思うかもしれませんが

この2〜3センチがとても重要で、今まで指先に当たるぐらいしか届かなかったホールドでも第1関節まで届くようになります。

第1関節まで届けば、届かなくて諦めていた人は「行けるかも!」と思えるし、強い人ならばそれで止めてしまいます。

それぐらい2〜3センチ伸びるだけで変わってきます。

 

ですので指先しか届かなくて諦めていた課題もこれで落とせるようになるかもしれませんので、是非是非これからチャレンジしていってください。

この動画を見たらリーチが足りないから出来ない

と言い訳が出来なくなりますよ。