スノーピークから発売されているフォールディングコーヒードリッパー「焚火台型」使ってみた

アウトドア
スポンサーリンク

snow peak(スノーピーク)から発売されているコーヒードリッパー「フォールディングコーヒードリッパー 焚火台型」を購入したので紹介していきます。

コーヒーを豆から挽いて飲むのには欠かせないコーヒードリッパー。コーヒードリッパーでもプラスチックや陶器、金属など様々な種類のドリッパーがありますが、私が購入したのは折りたたみ出来る紙フィルターを使う金属タイプになるので、アウトドアで使えるおしゃれなコーヒードリッパーを探していた人はぜひ参考にしてくださいね。もちろん自宅での使用もコンパクトになるので収納にも困りませんよ。

外で使用してみましたがコンパクトになり、部品も分かれず一体型なのでなくす心配がなく、持ち運びもしやすくて良かったです。

スポンサーリンク

ペーパー式コーヒードリッパーの特徴

フィルターの細かい繊維がコーヒーの油分を適度にとってくれるので、スッキリした味わいが楽しめるのが特徴。

使用してそのまま捨てれるので、ドリッパー本体にコーヒー豆を挽いたカスが残りにくく掃除が楽で、清潔な状態を保ちやすくなっています。

掃除に手間が掛からないのはメリットと言えるでしょう。

しかしペーパーフィルターでのドリップは、コーヒー豆本来の油分もフィルターに取られてしまうので、コーヒー本来の味が楽しめない事や、毎回フィルターを買わないといけない為、コストが掛かるといったデメリットもあります。

上記の特徴をふまえて、購入するときはしっかり選びましょう。

フォールディングコーヒードリッパー 焚火台型を購入した理由

スノーピークの焚き火台型コーヒードリッパー

やはり一番はスノーピークの焚き火台と同じデザインだった事でしょう。好き嫌いが分かれるデザインだと思いますが、私は焚き火台のデザインも好きだったので見つけてすぐに購入。

コンパクトになるのも理由になり私はよくアウトドアで山やキャンプに出かけるので、外で美味しいコーヒーを飲みたいと考えました。どうせ飲むなら本格的に入れるコーヒーにしようと思い、ミルとドリッパーを探す事に。

そして色々探し、嵩張らずに収納できて見た目がおしゃれなデザインのスノーピークのドリッパーを購入しました。

 

そして購入する上での重視した点があり

○見た目が好み

○コンパクトに収納

○コーヒーフィルターの種類

上記の3つを重視することに。

ペーパーフィルターかステンレスフィルターで悩みましたが、好みのデザインには勝てませんでした。

しばらく使用して物足りなく感じたらステンレスフィルターも使ってみようと思います。

見た目が好み

やはり購入する上での絶対条件は見た目が好みなドリッパーを選ぶ事でした。

妥協して選びたくないのが理由で、趣味でアウトドアに出かけ、まったりした時間を過ごすときに妥協したデザインの物を選ぶと、毎回欲しかった商品が頭の中に思い浮かびそうな気がしたからです。

そして私の性格上、妥協して選んでも必ず初めに一目惚れしたドリッパーが欲しくなるので、今回は見た目を1番に選びました。

コンパクトに収納できるドリッパー

外でコーヒーを飲むなら、コーヒーミルとドリッパー、そしてマグカップにお湯を沸かす器具や水筒もバックパックなどのカバンに入れるので、折りたためるのも条件の一つでした。

ペーパーフィルターかステンレスフィルターで悩みます

初めは何回でも使用出来るステンレスフィルターが魅力でしたが、欲しかったデザインを重視して選んだので、ペーパーフィルターになってしまいました。

外観

⇧見た目はこんな感じで、折りたたまれている状態で入っています。

 

コンパクトなアウトドア用コーヒードリッパー

⇧袋から出した状態。取り付け部品は一切ないので、部品をなくす心配はありません。

 

⇧広げた状態。スノーピークの焚き火台の小さいバージョンなのが可愛らしいですね。

 

⇧本体の入っていた裏面に説明書が記載されています。市販のペーパーフィルターを折り紙のように折りたたんで使用しないといけないようです。

レビュー

少し不便だと感じたことが1つあり、毎回ペーパーフィルターを折りたたむのが面倒だと思いましたが、3回ぐらい使用すると型紙に合わせたり折りたたむ説明を読まなくても出来るようになりました。

すぐに使用したい人は事前に何枚か折りたたんで持っていくのが便利ですね。

フィルターの折りたたみ方

⇧我が家にあったコーヒーフィルター。

 

⇧まず下になる部分を左右対称になるように尖らせます。

 

⇧下の尖らせた部分を上に折り曲げます。

 

⇧そして半分に折り目をつけ、広げると完成。

 

⇧広げるだけで折りたたんだ部分はそのままにしときましょう。しっかりフィットしてますね。

 

お湯を入れてみた

⇧早速ハンドミルで挽いたコーヒ粉をドリッパーに入れてみました。型紙に合わして折らなくてもしっかりフィット。

 

⇧お湯を注いでもフィルターはズレませんでした。

 

⇧お湯を入れると折りたたんだ先端が下から飛び出してきます。

 

⇧ドリッパーの大きさもコンパクトでGOOD。

飲み終わったらフィルターを捨て、本体を水で洗うだけでなので楽チン。個人的に購入して大正解でした。

まとめ

いかがでしたか?

アウトドアで挽きたてのコーヒーが飲めたら最高ですね。バーベキューやキャンプなどのまったりとした時間でのんびり過ごしたい人にはおすすめと言えるでしょう。

そんなコーヒードリッパーですが、各メーカーからさまざまな種類が発売されています。この記事を読んで参考になったなら購入してはいかがでしょうか。