アウトドアやトレッキングに最適なモバイルバッテリー3選|非常時にも使える物を厳選紹介

アウトドア
スポンサーリンク

最近では登山や外岩クライミングなどの登っている所を動画に残して、ネットに投稿する人が増えてきています。

 

でも撮影で携帯の充電がなくなってしまったら、必要なときに使えなくなってしまいます。

 

そうならない為にもモバイルバッテリーは必要と言えるでしょう。

 

今回はアウトドアにおすすめのモバイルバッテリーを厳選紹介!

 

スポンサーリンク

アウトドア用モバイルバッテリー

街中や出先で使うぐらいならば、普通のモバイルバッテリーで充分ですが、登山や外岩クライミングなどで使うのなら

 

屋外での使用になるので、【防塵】【防水】のモバイルバッテリーが必須と言えるでしょう。

 

下記の記事では【防水】機能だけの物から【防塵】【防水】【耐衝撃】付きのモバイルバッテリーを紹介しています。

それでは見ていきましょう。

DIVAID防水・防塵仕様のモバイルバッテリー

 

【本体】

約縦19×横3.3×厚3.3cm

【カラビナ】

約縦6.7×横3.3×厚0.6cm

【主素材】

アルミニウム、ポリカーボネート

【付属品】

microUSBケーブル(ケーブル長約25cm)、カラビナ、取扱説明書(保証書付き)

【重量(本体のみ)】

約208g

【電池容量】

5000mAh

【使用電池】

リチウムイオン電池

【入力電圧】

microUSB 5V/2A

【出力電圧】

USB 5V/2A

【LEDライト連続連続点灯時間】

約10時間

【LEDライト】

3W/200ルーメン

【バッテリーインジケーター】

4灯(白色)

【防水防塵】

IP65

 

容量1,800mAhのスマホを約1.5回分充電可能。

見た目もおしゃれで【防水】【防塵】になっており、カラビナ付きなのでバックパックやズボンにも安心してぶら下げれます。まさにアウトドアにピッタリなモバイルバッテリーと言えるでしょう。

LEDライトとしても使えるので、非常時などにもおすすめです。

 

 

 

LUMENA2(ルーメナー2)

 

【サイズ】

縦129mm×横75mm×幅22.7mm

【重さ】

300g

【色濃度】

5700K(昼光色) 4500K(昼白色) 3000K(電球色)

【明るさ(ルーメン)】

4段階モード(100Lm、500Lm、1000Lm、1500Lm)

【バッテリー容量】

リチウムイオンポリマー 10000mAh

【バッテリー充電回数】

500回以上

【連続点灯時間】

約8時間(1500Lm)~約100時間(100Lm)

【充電時間】

約5時間

【防塵・防水規格】

IP67

【同梱物】

本体、専用ポーチ、MicroUSB5ピンケーブル、磁石フック、カラビナ

iPhone6Sなら約4回フル充電可。

 

LEDライトはもちろん【防水】【防塵】の機能に加え【耐衝撃】機能まで付いているのでまさにアウトドアに特化したモバイルバッテリーと言えるでしょう。

 

そして何よりデザインがカッコよく、スマートフォンほどのサイズで可愛らしく、持ち運びにも優れているのが特徴です。

 

RuiPu24000mahモバイルバッテリー

【サイズ】

170×80×20

 

【出力】

5V2.1A/5V1A

 

【入力】

5V2A

 

【容量】

24,000mah

 

【重量】

499g

 

【防水規格】

IPX6級

 

iPhoneXだと約5回の充電が可能。

 

充電する入力ポートに加え、ソーラーパネルでも充電が可能。

 

ソーラーパネルに加えLEDライトと【防水】機能付きなのでアウトドアや非常時などに使えます。

まとめ

アウトドアで使うモバイルバッテリーは、街中で使うものでも構わないのですが、【防水】【防塵】【耐衝撃】などの機能が付いていない物もあり、アウトドア専用と比べ、どうしても壊れやすくなっています。

 

アウトドアに良く出かける人にはおすすめなので、良いものがあれば購入してみてはいかがでしょうか。

 

その他の記事はこちら

外岩行くのにアプローチシューズのメリットやデメリットを紹介

暑い時期でのクライミングやスポーツに【おすすめマスク】を紹介

暑い時期の外岩クライミングやトレッキングに最適!お洒落な帽子を紹介

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)から発売された新作サンダルを紹介