キャンプやバーベキューで使えるツーバーナーおすすめ5選|ガス式のコンロを厳選紹介

アウトドア
スポンサーリンク

おすすめのツーバーナーを紹介します。

ツーバーナーはガス式とガソリン式があり、キャンプやバーベキューでカレーや味噌汁などを作るのに最適なコンロです。キャンプ場での朝食や夕食作りなど、さまざまな場面で活躍してくれます。

今回はガス式のツーバーナーを厳選紹介!!

スポンサーリンク

おすすめバーナー

コールマン(COLEMAN) パワーハウスLPツーバーナーストーブII

重量4.2kg
使用時64×32.5×52(h)cm
収納時54×32.5×7(h)cm
発熱量3500kcal/h×2

アウトドアメーカーの老舗メーカー「コールマン」から発売されているパワーハウスLPツーバーナーストーブII」は持ち運び便利なキャリーハンドル付き。

そして火力も高く、本体の前面からでもガスを交換出来るのがポイントで、使い勝手抜群です。

値段が安く軽量な製品です。

ユニフレーム(UNIFLAME) ツインバーナー

重量3.9kg
使用時540×325×290(mm)
収納時540×325×110(mm)
発熱量3900kcal/h×2(プレミアムガス)、3000kcal/h×2(レギュラーガス)

ユニフレームから発売されている「ツインバーナーUS-1900」はデザイン性が優れているのが特徴で、男らしいデザインに惹かれてしまいます。

そして別売のダッチオーブンも使用出来るのがポイントで、風防を低くして安定して載せれる仕様になっています。

軽量でデザイン性に優れたツーバーナーです。

 

ソト 2バーナー SOTO ST-527 ガス式ツーバーナー

重量5.1kg
使用時幅545×高さ540×奥行330mm
収納時幅545×高さ95×奥行330mm
発熱量 ST-700使用時 3,000kcal/h、ST-760使用時 3,300kcal/h

ソトから発売されている「ST-527」はガスカートリッジが安いので、コスパで考えるとおすすめのツーバーナーになっています。

ステイジャー コンパクトガスツーバーナーコンロ キャプテンスタッグ

重量4.6kg
使用時幅640×奥行330×高さ490mm
収納時幅525×奥行300×高さ100mm
発熱量3000kcal

キャプテンスタッグから発売されている「ステイジャーコンパクトガスツーバーナーコンロ」は、折りたたんで持ち運びしやすいのがポイント。

ガスの交換もしやすいタイプなので使い勝手の良いコンロです。

 

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) エクスギア ガスツーバーナーコンロ

重量5kg
使用時W655×D350×H500mm
収納時W530×D320×H80mm
発熱量3000kcal

キャンプスタッグから発売されている「エクスギア ガスツーバーナーコンロ」は折りたたむと、厚さ8cmとコンパクト。

持ち運びや収納しやすいように薄型になっているのが特徴です。

まとめ

いかがでしたか?

ツーバーナーは1台持っているだけで、災害時にも役立ち、バーベキューやキャンプなどでは幅が広がります。良くキャンプをする人なら購入して損のないアイテムですね。

そんなツーバーナーですがガス式からガソリン式のタイプまで、各社からさまざまな製品が発売されています。本記事で紹介した各製品の仕様や特徴を参考に、最適な1台を購入しましょう。