ボルダリング 用チョークバックの腰に掛けるタイプのメリット、デメリットを紹介

クライミング
スポンサーリンク

ボルダリング で使うチョークバックの腰に付けるタイプのメリット、デメリットを紹介!

 

 

今回は粉末チョークを入れるのに欠かせないチョークバックの腰に付けるタイプについて詳しく説明していきたいと思います。

 

この記事は粉末チョークを使う前提で、どんなチョークバックがいいか悩んでる人にオススメとなっているので、チョークバックに悩んでいる人は参考にして下さい。

 

先に結論を言うと、登ってる途中でチョークアップをしたい人にはオススメです。

 

まずデメリットから見ていきましょう。

スポンサーリンク

チョークバック腰付けタイプのデメリット

1.チョークアップがしにくい

下に置くバケツタイプと違って開口部が狭い為、片手ずつしかチョークアップ出来ない。

両手を入れて、手を擦り合わせてのチョークアップが出来ないので、手にいっぱいチョークをつけたい人には不向きになってます。

 

2.チョークボールが必要

粉末チョークを入れるのには、まず別売りのチョークボールに粉末チョークを詰めないといけません。

なぜかと言うと、床置きタイプのチョークバックは置いているときの開口部は真上になりますが

腰付けタイプのチョークバックは、置いているときの開口部は横向きになるので、粉末チョークをそのまま入れてしまうと、こぼれてしまいます。

 

課題を登っていて落ちたときもチョークがこぼれてしまう恐れがあるので、チョークボールの中にチョークを入れるのがマナーになります。

チョークボールが入っていないとダメなジムもあります。

3.腰紐が別売りの物もある

腰に回してかける紐が物によって別売りの場合があるので、買うときに注意して見ておかないと余計な出費がかかることも

チョークバック腰付けるタイプのメリット

1.トラバース(横移動)課題や手数の多い課題に向いている

トラバースや手数の多い課題だと、どうしても手のチョークがなくなってしまいます。

手のチョークがなくなると手汗を吸ってくれなくなり、落下の危険があるので手数の多い課題には向いていると言えるでしょう。

 

2.持ち運びが便利

腰に付けるタイプは床に置くタイプに比べコンパクトになっているので、持ち運びに優れています。

 

 

チョークバックまとめ

いかがでしたか?

チョークバックは種類が多くて選ぶのが大変かと思いますが、この記事を参考にして自分に合ったスタイルのチョークバックを購入しましょう。

 

ヌメリ手ですぐチョークがすぐなくなる人は、液体チョークをベースとして使い、下に置くタイプのチョークバックでたっぷりとチョークをつけて、更に腰に付けるタイプで登ってる途中にチョークアップするような登り方もあります。

 

オススメチョークバック

 

おすすめ記事

アドフリクションGRIP ON使ってみた

ボルダリング で使う粉末チョークのメリット、デメリットを紹介

ボルダリングで使う液体チョークのメリットやデメリットを紹介

ボルダリング で使うチョークバック(バケツタイプ)のメリット、デメリットを紹介

オススメクライミングシューズ9選/外岩、ジム用のクライミングシューズを厳選紹介!レビュー付き