ボルダリングで使う液体チョークのメリットやデメリットを紹介

クライミング
スポンサーリンク

ボルダリング するのに使う液体チョークのメリット、デメリットを紹介!

 

今回はボルダリング するのに欠かせないチョーク(滑り止め)の中でも液体チョークについて書いていきたいと思います。

 

この記事は、ボルダリング を始めたばっかりで、どんなチョークを使ったらいいかわからない人や、チョークで悩んでる人にオススメとなっております。

 

結論を先に言いますと、ヌメリ手の人は使った方がいいです。

 

まず液体チョークとはどういう物なのか説明していきます。

 

液体チョークは簡単に言うと炭酸マグネシウムにエタノールなどを混ぜて、液状化させたチョークの事で

このような入れ物に入っているので持ち運びに便利でコンパクトに収まります。

 

デメリットから見ていきましょう。

スポンサーリンク

液体チョークのデメリット

1.乾くのに時間がかかる。

粉末チョークだとチョークアップ(手につける)に時間はほとんどかかりませんが、液体チョークはチョークアップしてから乾くのを待たないといけません。

これにストレスを感じる人はあまりオススメできないと言えるでしょう。

 

2.ロジン(マツヤニ)入りの物がある

液体チョークの中にもロジン入りの液体チョークがあります。

 

ロジン入りのチョークは他のチョークに比べてフリクションが上がりますが、禁止しているクライミングジムもあり、外岩を登るときは絶対に禁止です。

 

ロジン入りのチョークは使っているときはいいのですが、こびり付きやすく、掃除してもなかなか取れない難点があるので、買うときはロジンフリーの物を選ぶようにしましょう。

 

3.手を洗うときが少し手間

チョークが液体なので、指先の指紋の間にもしっかりとチョークが付くので、さっと手を洗うぐらいではなかなか落ちません。しっかりと洗う必要があります。

 

液体チョークのメリット

1.ヌメリ手の人にはオススメ

なぜオススメか説明していきます。

 

ヌメリ手の人は手汗が他の人と比べると多いので、粉末チョークだとどうしても持続性が短くなってしまいます。

 

液体チョークだと、液体チョークの中の成分にエタノールが入っています。

 

このエタノールが手につけて、気化するときに手汗も一緒に乾かしてくれるので、チョークの持続性がアップし、今までチョークがなくなっていた所でも、なくならないようになります。

 

それでもダメな人は液体チョークをベースとして使い、更に粉末チョークをつけると、更に持続性がアップします。

 

 

2.持ち運びに便利で車に積んでいても他の物を汚しにくい

 

粉末チョークを持ち運ぶのにはどうしても、チョークバックが必要になり、そのチョークバックを車に積んだり、カバンに入れたりすると、周りの物が白くなってしまい汚れてしまいます。

 

液体チョークだと、ボトルに入っている物がほとんどなので、入れ物の表面だけを水洗いでき、カバンにも簡単に収納、持ち運びにも便利。

 

3.チョークバックを買わなくて良い

液体チョークのみで登るなら、粉末チョークを入れるチョークバックは一切必要ありませんが、ベースで液体チョークを使い、粉末チョークで更にチョークアップをするのであれば、必要となってきます。

一回液体チョークを買って試してみてから、チョークバックを買う方が余計な出費が掛からないので良いかもしれません。

 

液体チョークのまとめ

いかかでしたか?

 

液体チョークのメリット、デメリットを書きましたが、デメリットよりメリットの方が圧倒的に高く

 

今では手荒れなどを気にしていた人に、クエン酸や乳液入りの液体チョークなども発売されており、女性の方やもともと肌が弱かった人でも使いやすい液体チョークもあります。

 

人によったらそんな物いらん!って言う人もいるかもしれませんが、そんな事言う人の意見は聞き流し、自分に合った、自分が登りやすい工夫をした方が、楽しく登れ、はるかに成長できるでしょう。

クエン酸や乳液の入ってる液体チョークはこちら

 

クライミング用液体チョークPD9レビュー

 

クライミング関係のオススメ記事はこちら

アドフリクションGRIP ON使ってみた

ボルダリング で使う粉末チョークのメリット、デメリットを紹介

東京粉末から発売された液体チョーク【ハイガレージ】使ってみた

初めてクライミングジムに行く人に、知っておくと得するポイントや持ち物を紹介

オススメクライミングシューズ9選/外岩、ジム用のクライミングシューズを厳選紹介!レビュー付き