DAISO(ダイソー)でアウトドア用品のメスティン売ってるの知ってましたか?

アウトドア
スポンサーリンク

DAISO(ダイソー)で売っているアウトドア用品メスティンを紹介します。

 

アウトドアでご飯を炊くのに欠かせないメスティン。ソロキャンプで欠かせない1合炊きメスティンですが100円ショップのダイソーでも簡単に手に入ります。

メスティンを持っていれば米を炊くだけでなく、別売りの網を使う事で蒸し料理にも可能なのでキャンプでの料理の幅が広がりますよ。

スポンサーリンク

メスティンを購入した理由

1.5合炊きのメスティンはこちらの記事で紹介している通りすでに持っているのですが、一人で食べるのは少し大きい事と、ご飯以外の料理も試してみたいと思ったからです。

安いので失敗して焦げてもすぐに捨てられるのも理由になり、どうしても一流メーカーのメスティンを買うとなるとそれなりの値段を出さないと買えないので、色々なメニューがチャレンジしづらいと考えました。

今回紹介するダイソーのメスティンは¥550で手に入り、アウトドア初心者でも比較的買いやすいので、色々試したい人にはオススメです。

DAISOメスティンの外観

⇧100円ショップですが税込550円で販売されています。

 

⇧箱を開けるとメスティンが登場。実際はちゃんとビニールに入っていますが、上記の画像では捨ててしまいありません。

 

⇧中身はメスティン本体と説明書の2点が入っています。

 

⇧説明書には使い方が親切に記載されています。

 

⇧100円ショップで売られていたとは思えないしっかりとした見た目です。本人から言わないと周りはわからないと思います。

 

⇧中身もしっかりしてそうですね。これからが楽しみです。

メスティンを使う前の準備

⇧早速お米の研ぎ汁でシーズニング開始しました。

前回の1.5合炊きのメスティンは鍋に入らなかった為、内側だけのシーズニングになりましたが、今回は1合炊きのメスティンなので全体が鍋に入りました。

この状態で沸騰させてから火を止め、次の日まで待ちたいと思います。

⇧持ち手部分は簡単に取り外し出来る様になっているので、外しておきましょう。

 

メスティンと一緒に買っておくと便利な網

私の行ったDAISOではメスティンの横に網が置いてありました。

そして思わず衝動買い。と言っても網は100円。非常に安いです。

 

⇧DAISOメスティンの中に入れてみたところピッタリサイズ。

網をセットし、水を入れて火にかける事で蒸し料理も作れますね。

メスティン

ちなみに1.5合炊きのメスティンを持っていると1合用がすんなり収まります。

ダイソーメスティンのレビュー

ダイソーのメスティン

↑実際使ってみて不便だと感じた所は水のメモリが付いてなかった事。

上記の画像のお米は家で洗ってから持って行ってるので、水分がある程度含んでいる状態です。

その状態でお米より少し多いぐらいの水の量で試してみました。

 

固形燃料

↑今回使用する携帯燃料。

カインズホームで購入した物で、25gの12個入りで¥248とコスパ抜群です。

⇧このような入れ物に入っています。

 

 

スタンドとメスティン

↑セットした状態。

スタンドは以前から持っていたのを使用しています。

↑火を付けた後の様子。

火力は結構強いのでいい感じ。この状態で燃料がなくなるまで放置してみます。

 

↑燃料が無くなったので、逆さにしてしばらく放置しときます。

 

↑完成。

早速食べてみましたが、水分が多すぎず、お米の芯も全くなかったのでとても美味しく炊けました。

 

事前に家でお米を洗い、水分を含ませてる状態で、携帯燃料一個がちょうど良さそうですね。

まとめ

アウトドアブームでキャンプに行く人が増えてきていますね、本格的にキャンプを始めたいけど続くかわからない人はDAISOでメスティンを買ってみるのもいいかもしれませんね。

DAISOの安い商品で試してハマりそうならしっかりしたメーカーの商品を購入してみてはいかがでしょうか。