登山用ヘルメットおすすめ6選|軽量でおしゃれなヘルメットを厳選紹介

アウトドア
スポンサーリンク

マムート、ぺツルやサレワなどの登山で被るおすすめヘルメットを紹介します。

登山をするのに帽子派の人もいるかと思いますが、自分の身を守るのに被った方が安心。理由は相手が自然なのでいつ何が起こるかわからないからです。ヘルメット推奨の場所もあるぐらい登山は危険と隣合わせです。

危険だけど登頂した景色は感動するぐらい素晴らしく、良い景色を少しでも安全に観るためにはヘルメットは必需品と言えるでしょう。それでは特徴からみていきましょう。

スポンサーリンク

ヘルメットの特徴

滑落や転落した時に頭を守ってくれ、落石からもしっかりと守ってくれます。

最近のヘルメットは軽量なのに頑丈なのが増えてきているので登山中の首への負担も少なくなっています。

それではおすすめヘルメットを厳選紹介!

マムート|ロックライダー

カラー2色
サイズ
頭位52~57cm 56~61cm
重量250g
素材EPS
認証EN12492 UIAA106

マムート「ロックライダー」は16個の開口部とヘルメット内のエア チャンネルにより、しっかりと熱を放出してくれます。4つのヘッドランプ クリップが付いているのでヘッドランプを装着しても安定し、多少頭を動かしても落ちにくくなります。しっかりヘッドランプを取り付ければ早朝出発もできますね。

マムート|ウォールライダー

カラー2色
サイズ
頭位52~57cm 56~61cm
重量220g
素材EPP
認証EN 12492

マムート「ウォールライダー」はEPPシェルと最小限の調整システムを採用して軽量化されたヘルメットです。また頭の形に合わせて調整可能なシステム採用しているのでぴったりフィット。ヘッドランプを固定するストラップは2つ付いています。

サレワ|VEGA

カラー4色
サイズSM、ML
頭位S/M(53~59cm)、L/XL (59~63cm)
重量250g(S/M)
素材PC, EPS, EPP
認証EN 12492, UIAA 106

サレワ「VEGA」は軽くて機能性もしっかりしてデザインも個人的には好きです。全ての頭の形に合うように調整しやすいダイヤル付き。

サレワ|VAYU 2.0

カラー4色
サイズSM、ML
頭位S/M(54~59cm)、L/XL (59~63cm)
重量280g
素材EPP EPS
認証CE 12492、UIAA 106

サレワ「VAYU 2.0 」はカーボンナノテクノロジーによる軽量で強度の高いヘルメットです。片手で操作可能な磁気バックルで装着もスムーズに行えます。

ブラックダイヤモンド|ビジョン

カラー4色
サイズSM、ML
頭位S/M(53~59cm)、M/L(58~63cm)
重量220g(S/M)
素材EPP EPS ポリカーボネート
認証UIAA

ブラックダイヤモンド「ビジョン」はEPP+EPS+ポリカーボネートの複合シェルにより、ブラックダイヤモンドのヘルメットで最も堅牢に作られています。見た目で好みが分かれそうですね。

 

ペツル|シロッコ

カラー2色
サイズSM、ML
頭位S/M(48~58)cm M/L(53~61)cm
重量S/M(160g)、M/L(170g)
素材EPP、EPS 、ポリエステル
認証CE EN 12492, UIAA

ペツル「シロッコ」は超軽量設計。MLサイズでもわずか170gと軽く、強度もしっかりとあります。クライマーにぴったりのヘルメットですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

ヘルメットは様々な種類が発売されており、近年デザインもよくなり軽量設計になってきています。登山に行こうと考えているなら、ヘルメット推奨の場所もあるぐらいなので購入してはいかがでしょうか。登山もクライミングも怪我をしないようにしっかり準備をしてから楽しみましょう。

登山の記事はこちら

【膝対策】トレッキングポールおすすめ5選|登山で役立つ三つ折りタイプを厳選紹介

登山中の緊急時に役立つおすすめツエルト4選|軽量でビバークに役立つものを厳選紹介

RAIN WEAR(レインウェア)おすすめ5選|登山やタウンユースでも使えるものを厳選紹介

トレッキングシューズおすすめ5選|登山やハイキングに向いているハイカットの靴を厳選紹介