外岩クライミングの魅力やメリット、デメリットを紹介

アウトドア
スポンサーリンク

外岩ボルダリング のメリットやデメリットを紹介!

 

ジムで登っていると周りの人達が外岩の話をしているのが、聞こえてきたりしませんか?

 

 

この記事は外岩にがどんなのか気になっている人や、外岩って怖いの?などを思ってる人におすすめです。

 

結論を先にいいますと、強くなりたい人は外岩に行った方がいいですが、無理やり誘われて行くのは止めた方がいいです。

 

あくまでも自分の意志で決めましょう。

 

 

それではデメリットから見ていきましょう。

スポンサーリンク

外岩ボルダリング のデメリット

1.怪我のリスクが高い

ジムで登るのと違い、外では下地が悪い所が多いです。

いくら自分達でマットを持っていくにしても、マット外に落ちてしまうと怪我をしてしまいます。

 

 

2.ジムで登ってる道具+αの道具が必要

クライミングシューズやチョークバックはジムで登ってる人は絶対持っている物ですが、それ以外に絶対揃えなければいけない物があります。

 

 

3.天候に左右される

自然の岩を登るのはとても魅力的ですが、前日が雨だと岩が濡れていたりするので、登りたい日に登れない事があります。

 

 

外岩ボルダリング のメリット

1.足が上手くなる

外岩でのボルダリング ではジムのようにフットホールドはなく、どこに足を乗せてもかまいません。

ですが、岩の割れ目やごく僅かな段差、岩の結晶などに乗ったりしなければいけない為、必然的に足が上手くなります。

 

2.マントリングが上手くなる

外岩でのボルダリング は岩のてっぺんまで登ったら終わりになり、クライミングジムのようにゴールホールドをマッチして終わりではありません。

 

マントリング技術はクライミングジムではほぼ身に付かないので、マントリングが強くなりたい人は向いていると言えるでしょう。

 

3.カチが強くなる

外岩はほぼカチ持ちと言っていいほどカチを多用します。

指に悪いですが、嫌でもカチが強くなります。

 

 

外岩ボルダリング まとめ

いかがでしたか?

 

自然の岩を登るのはとても魅力的です。

 

ですが常に怪我のリスクがあり、クライミングジムと違い、いつも怪我と隣り合わせな事をしっかりと理解し、無茶をするようなら行かない方がいいです。

 

しっかりと自分の感情をコントロールできる人は一回ぐらいは行ってみる事をおすすめします。

 

そして一回行ってハマりそうだったら外岩ボルダリング に必要なマットやブラシを人の物を借りずに、自分の物を購入しましょう。

 

おすすめマット

 

 

おすすめブラシ

細かい所用

 

高い所用

 

おすすめ記事

クライミング上達の近道 外岩に行こう!

外岩クライミングにオススメグッツの紹介

クライミング上達への近道 外岩に行こう!(準備編)

オススメクライミングシューズ9選/外岩、ジム用のクライミングシューズを厳選紹介!レビュー付き