クライミング上達への近道 外岩に行こう!(準備編)

スポンサーリンク
スポーツ
スポンサーリンク

ジムで登っていると外岩の話などが出でくると思います。

〇〇さんが◯段落としたらしい

など

外岩に興味が出てきたら、迷わずに外岩に詳しい人に連れて行ってもらいましょう。

スポンサーリンク

外岩へ行こう

必要な物と大まかに値段を書いていきます。

持ち物

最低限いる物

クラッシュパッド

ブラシ

クライミングシューズ

チョーク

リュックサック

飲み物

食べ物

ゴミ袋

あれば便利な物

アプローチシューズ

サンダル

タオル

爪切り

テーピング

ビニールシート

バスマット(サブマット)

クラッシュパッド

岩場に担いで行って落ちる場所に敷きます。

自分の命を守ってられる物なので、これが無くては話になりません。

少し値が張りますが、怪我や命を落とす事に比べたら安いので、必ず買いましょう。

だいたい30000〜100000円ぐらいです。

ブラシ

登り終わってから岩のチョーク跡を落とすのに使います。

高い所は伸縮ブラシがあれば便利です。

長いブラシが5000円ぐらいです。

短いブラシは1000円ぐらい

クライミングシューズ

出来たら外岩用の物を用意した方がいいです。

15000〜25000円程度です。

チョーク

チョークは必ずロジンフリー、松ヤニの入ってないチョークを持って行きましょう。

リュックサック

必需品です。食べ物をリュックサックの中に入れとかないと、カラスにつつかれたりします。

7000〜15000円ぐらい

アプローチシューズ

場所によりますが、駐車場からその岩場までのアプローチが悪い場所もあります。

滑って転けてしまって怪我をしてしまったら、せっかく登りに行ってる周りの方に迷惑を掛けてしまいます。

余裕があれば買いましょう。

だいたい15000〜20000円ぐらい

サンダル

ちょっと休憩するときや、少し移動するのにあれば便利です。

爪切り

これも爪が割れたりした時に、ないと不便ですので誰かに借りるのではなく、持っておきましょう。

ビニールシート

下地が濡れている場合、直接マットを敷くとマットが濡れてしまいます。

そのときはビニールシートを敷いてからマットを敷いたりして、マットを濡れるのを防ぎます。

1000円程度

バスマット(サブマット)

クライミングシューズに土が付かないように、クラッシュパッドの手前に置いたり、スタート地点に置いたりします。

あと横に岩があるときはバスマットを岩に立て掛けとくだけで、落下時に岩にぶつかったりする衝撃を和らげます。

2枚あれば便利です。

バスマットなら1000円程度

サブマットなら1万〜2万です。

今書いた物が用意出来たら準備OKです。

初めて行く場合はクラッシュパッドまでなくても構いません。

一回借りて行ってみて、ハマりそうやったら必ず買いましょう。

だいたいこれぐらい揃えれば準備完了です。

 

クラッシュパッド
ブラシ
リュックサック