ポータブル電源おすすめ5選|車中泊やキャンプで使える物を厳選紹介

アウトドア
スポンサーリンク

正弦波のおすすめのポータブル電源を紹介します。車中泊やキャンプなどで電化製品を使う「デジタルキャンプ」が今流行っていますね。外で自然を堪能しながら家で居るかのように出来るのがデジタルキャンプの魅力です。

ですが色々なポータブル電源がありすぎてどれを買えば良いのか、いまいちわかりにくいですよね。今回は選び方や特徴を見て、その後におすすめのポータブル電源を紹介していきます。

スポンサーリンク

ポータブル電源の特徴や選び方

まずは特徴から

本体に内蔵されているバッテリーに電気を蓄える事によって、電化製品を使えるようにしてくれる物です。携帯のモバイルバッテリーのデカい版だと考えるとわかりやすいと思います。

災害時やキャンプなどの電気がない場所で本領を発揮してくれるアイテム。

あと防水性があるか

近年、防水性のポータブル電源も手頃な値段で発売されています。どのような環境で使うのかしっかり考慮してみましょう。また、ソーラーパネル対応モデルだと災害時にも役に立ちます。

容量を確認

ポータブル電源はどんな物を使うか決めてから購入しましょう。と言うのも、電化製品によって消費電力が異なりますよね?ヒーター機能の付いている製品だと1000wを超えたらします。購入したポータブル電源の出力が300whまでしか使えないなら、当然使えません。

選ぶときはまず、どういうものを使う予定なのかを考えてから購入するだけで失敗せずに済むでしょう。

スマホやパソコンを使う人は出力端子の数や種類を確認

ポータブル電源の種類によって、端子の数や種類が異なります。パソコンやスマホ、タブレットなどを充電する人は「USBポート」の有無。家電製品を使うなら「ACコンセント」の有無を確認してから購入しましょう。

同時にパソコンなどの精密機械で使うのなら「正弦波」「純正弦波」と表示されている製品にしましょう。

重さと大きさを確認

重さはメーカーによって異なるので持ち運び、車の積み下ろしを考慮して選びましょう。5kgぐらいだと女性でも安心ですね。

大きさも車や家に置いて邪魔にならないか考えてしっかりと選びましょう。

 

しかし容量の高い製品だとハッキリ言うて値段が高いです。そんなに金額は出せないと考えている人は、「最低限これだけは使いたい」など厳選が必要になってくるのも覚えておきましょう。

安い買い物ではないので失敗しないようにしっかり考えてから購入しましょう。それではおすすめのポータブル電源を厳選紹介!

おすすめポータブル電源

Power ARQ2

電力容量500Wh
充電時間約6〜7時間
AC出力ポート
合計300W/AC出力 × 2口
周波数50/60Hz
USB/Type-A Type-C 4口  PW/45W 1口
定格出力300W
波形正弦波
防水IP21

「Power ARQ2」はサイズ29.6cm x 19.1cm x 19.5cm  重量6.2kgのコンパクト。スマホを上に置くだけでワイヤレス充電も可能。本体左上の液晶パネルには、バッテリーの残量が表示されます。残量を一目で確認できるので安心ですね。

カラーバリエーションが多く、本体を充電しながらでも他の機器を充電出来る「パススルー機能」とUSBポート「Type-C」が付いているのも魅力的。

家で充電してから使いますが、車のシガーソケットからでも充電可能。別売のソーラーパネルを買えば充電切れに困る事はないので、災害時や何泊かするキャンプでは重宝しそうですね。

さまざまな機能を詰め込み、使う環境やシーズンを選ばないポータブル電源です。

Power ARQ Pro

電力容量1002.4Wh
充電時間約7.5時間
AC出力ポート
合計1000W/AC出力 × 3口
周波数60Hz
USB/Type-A Type-C(5V/2.4A):1口(QC 3.0):1口  (PD):2口
定格出力1000W
波形純正弦波
防水 IP21

「Power ARQ PRO」はサイズ33.3cm x 23.5cm x 27.3cmで重量10.425kgで高出力かつ大容量バッテリーを搭載したポータブル電源です。本体中央の液晶パネルには、バッテリーの残量が表示されます。残量を一目で確認できるので安心ですね。

「PowerARQ2」のようにライト機能はありませが、その分容量が大きく電気毛布や冷蔵庫も使用可能、DCやUSB-C/USB-Aなど充給電ポートの種類も豊富なので幅広い家電製品に使うことも可能です。もちろん「パススルー充電」にも対応しているので、充電が無くなっても安心して使うことが可能です。

しかし「パススルー充電」はバッテリーを劣化させてしまうため、必要性がない限りは利用を控えた方が良。

「Power ARQ PRO」は性能もよく見た目のデザインにもこだわっているので、キャンプのおしゃれアイテムとしても使える汎用性の高いポータブル電源と言えるでしょう。

POWERSHARK

電力容量518wh
充電時間AC充電器:約7~8時間  カー充電:約14~16時間
AC出力ポート
4口
周波数50/60Hz
USB/Type-A Type-C2口  QC3.0/1口  3.0/1口
定格出力500w
波形純正弦波
防水

「POWERSHARK」は31×17×21.3 cmの重量6.44kgのポータブル電源です。AC/DC/別売のソーラーと3つの充電方式なのでいつでも充電可能。

そして魅力なのが最大11台の電化製品を同時に充電可能な事。さらに「パススルー」機能も搭載されているので使いながら充電も出来ます。

携帯やパソコン、カメラなど一度に充電したい人にはおすすめのポータブル電源です。

 

POWERSTAR|LEADER500

電力容量666wh
充電時間約7〜8時間
AC出力ポート
2口
周波数
USB/Type-A Type-C3口  1口
定格出力500w
波形正弦波
防水

POWERSTAR「LEADER500」は大きさ26.5×14×18cm重さ5.3Kgのインテリアとして置いても馴染むポータブル電源です。マッドな質感でカラーも4種類あり、アウトドアでもおしゃれを求めたい人にはうってつけですね。

 

「LEADER500」の魅力はスマホにPOWERSTAR専用アプリを入れることで本体を遠隔で操作できるようになる事です。めんどくさがりの人や自宅に「NatureRimo」を導入している人にはスマホ一つで操作できるのは慣れていると思うので嬉しいですね。

充電も家庭用の電源、車のシガーソケットの両方ででき、別売のソーラーパネルを購入すれば太陽光でも充電可能。

なんでもスマホで操作したい人にはおすすめの製品です。

Jackery  240

電力容量240Wh
充電時間約6.5~7時間
AC出力ポート
100V/200W 1口
周波数60Hz
USB/Type-A2口
定格出力200w
波形純正弦波
防水

Jackery ポータブル電源 240は、23×13.32×16.73cm重量3.08kgと軽量コンパクト設計。最大電力200Wとがっつり使いたい人には不向きですが、防災時の備えとして持っておきたい人や日帰りのバーベキュー、車中泊などにはコスパ抜群のモデルです。シガーソケット、家庭用のAC電源で充電でき、別売りのソーラーパネルを購入すれば外での充電も可能。

ソロキャンプや車中泊などちょっとだけ使いたい人向けのポータブル電源です。

まとめ

いかがでしたか?

ポータブル電源は1台持っているだけで、災害時に役立ち、車中泊やキャンプでは幅が広がりますね。良くキャンプや車中泊をする人なら購入して損のないアイテムですね。

そんなポータブル電源ですが、防水タイプや防水じゃないのに加え、各社からさまざまな製品が発売されています。本記事で紹介した各製品の仕様や特徴を参考に、最適な1台を購入しましょう。

アウトドアやキャンプの記事はこちら

シュラフおすすめ6選|登山や非常時にも役立つアイテムを厳選紹介

アウトドアタープおすすめ6選|組み立て簡単な自立式モデルを厳選紹介

アウトドアテーブルおすすめ8選|ハイスタイル、ロースタイルを厳選紹介

アウトドアチェアおすすめ6選|コスパの良い椅子やおしゃれな物を厳選紹介

【あれば便利】アウトドアワゴンおすすめ7選|簡単に荷物を運べるグッツを厳選紹介

クーラーボックスおすすめ8選|アウトドアに便利なソフトタイプとハードタイプを厳選紹介