ボルタリングで指や手首を痛めたときにおすすめのテーピングを紹介

スポンサーリンク
スポーツ
スポンサーリンク

ボルタリングをしていると絶対と言うていいほど手首や指を痛めます。

逆に痛めてない方がおかしいです。

しかしクライミングにどっぷりハマってしまっている人は、痛めてても登ってしまいます。

そうです。クライマーは多少痛めてても登ってしまうんです!!

テーピングを巻いてごまかしながら登っていても指に普通の薬局などで売っているテーピングを巻いていても登りにくく感じませんか?

しかも手首に一日巻いていると皮膚が荒れたりしてしまいます。

私は一日テーピングを巻いていたら皮膚が負けてしまい、しばらく痒みがとれませんでした。あとテーピングの粘着が手に残るのが、物凄く嫌いでした。

そこで今回はおすすめのテーピングを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

evolv(イボルブ) おすすめテーピング

このイボルブのテーピングは粘着テープを使っていないので、皮膚に粘着テープの後が残らず、肌荒れもしにくいです。

テープ同士が引っ付く構造になっているので、巻き直しも可能です。

evolv(イボルブ)マジックテープ の使用感

テーピング自体がメッシュになっていて指に巻いている状態でチョークアップしても、テーピングの中にチョークがしっかり入ってくれるて登っていても違和感なく登れます。

このテーピングを使ってからは、こればっかり使っています。

テーピングをしまうときは、末端部分を少し折り返しておくと

次使うときに便利です。

折り返しとかないと継ぎ目がわからなくなるかもしれないので、忘れずに折り返してから、しまうようにしましょう。